綾部の料亭 ゆう月。各種宴会「新年会・忘年会・同窓会・披露宴・法事」などに御利用ください。
綾部市・福知山市・舞鶴市は無料送迎いたします。

0773-44-0818営業時間:11:30~15:00/18:00~22:00
受付時間:10:00~22:00

MENU

ご予約

0773-44-0818

営業時間:11:30~15:00/18:00~22:00
受付時間:10:00~22:00

ご予約・お問い合わせ

春の食材

春の食材(筍・桜鯛・タラの芽・菜の花・こごみ・鰆)をご紹介しています。

 

雪が融け暖かくなり木々の芽がいっせいに顔を覗かせてくる・・・そんな生命力に満ち溢れた食材が豊富に採れるのが春です。

春といえばまず欠かせないのが筍です。米糠でゆがいてあくをぬいたものを一番出汁でじっくり炊きわかめと合わせた若竹煮や木の芽和え、筍御飯などを当店ではご用意しております。筍は収穫後から品質の低下が早いためなるべく近地域のものをと心がけており、晩春になれば京都北部で特に有名な福知山市報恩寺産の筍もゆう月の料理にひと味加えてくれます。

桜鯛

いわゆる真鯛のことで、産卵期をむかえる春先には体色がきれいな桜色に変化します。このことから春の真鯛のことを桜鯛と呼びます。言わずと知れた魚の王様として日本料理でも刺身を始め、焼物・煮物・御飯と幅広く扱われます。当店でも3月・4月の旬の単品としてかぶと煮や鯛ごはんとしてお出ししております。

タラの芽

日当たりのいい場所を好み春になると枝の先からふっくらとした新芽が顔を出し、収穫してもすぐに第二の芽が顔をのぞかせる・・・そんな春らしい活力に満ちた素材がタラの芽です。
"山菜の王様"とも呼ばれ、天麩羅にすると絶品です。当店でも天麩羅の付けあわせなどに使用しておりますが、日により異なることもありますので、必ず召し上がりたい方は予約の際に確認いただくことをおすすめします。

菜の花

ふきのとうと並んで春の味覚の走りとしてお出しするのが菜の花です。まだ雪が舞うころからお皿の上に盛られ、一足早く春の訪れを感じる一品となります。当店では天麩羅や椀の実に、あとからし合えなどに調味してお出ししております。独特のほろ苦さがどんどんお酒を進ませてくれます。

こごみ

山菜の中でも珍しくあくが少なく、淡白な味わいでさっと調理して手軽に食せるのでご家庭でもおかずの一品となります。またそのきれいな緑色とかわいらしい形が付け合せの脇役としても存在感を見せてくれます。

魚へんに春と書きまさに春が旬の魚、しかしこれは春に産卵期をむかえ沿岸部によってくることで人目に付くことからついたという説もあり、「寒鰆」とも呼ばれるように、正確には冬から春が旬、冬に油がのり身がしまって美味しくなります。当店でも1月末か2月ごろから仕入れ始め5月ごろまでの予定でお出ししており、調理法は菜の花と一緒に焼く菜種焼きや木の芽衣で揚げる天麩羅などです。
また、舞鶴漁港は国内での漁獲量第4位(2002年現在)で当店にも鮮度のいい鰆が入ってきます。

ゆう月について

料理長のブログ

求人案内

楽天ペイ LINE Payに対応

PAGETOP