綾部の料亭 ゆう月。各種宴会「新年会・忘年会・同窓会・披露宴・法事」などに御利用ください。
綾部市・福知山市・舞鶴市は無料送迎いたします。

0773-44-0818営業時間:11:30~15:00/18:00~22:00
受付時間:10:00~22:00

MENU

ご予約

0773-44-0818

営業時間:11:30~15:00/18:00~22:00
受付時間:10:00~22:00

ご予約・お問い合わせ

ブログ

冬の日本海の味覚。山陰の松葉カニ ズワイガニを堪能できる鍋料理と会席料理|綾部の料亭ゆう月

  • 2018年11月14日
  • 作成者:yuzuki

カテゴリー:料理

綾部の料亭 ゆう月 冬の料理 ズワイガニ 松葉がに 蟹鍋

「寒なってきたし、蟹でも食べたいなぁ。」

116日の漁解禁後、

寒さが増すごとにそんな声をよく聞きます。

実際、11月後半から12月にかけて

カニ鍋や会席料理の予約が多くなり12月後半、

年末の締めくくりにとご予約される方が多くなります。

年を追うごとにカニ料理のご予約が多くなるため

今シーズンより12月末までだったカニ料理のご提供を

2月まで延長することになりました。

様々な呼び名が付き愛される冬の味覚

綾部の料亭 ゆう月 冬の料理 ズワイガニ 松葉がに 蟹鍋

日本海のズワイガニ漁が解禁し

いよいよ日本海の冬の味覚を堪能できるシーズンを迎えます。

正式にはずわいカニと呼ばれ、

水揚げされた地域によって様々な呼び方に変わるのも

このずわいカニの特徴です。

綾部の料亭 ゆう月 冬の料理 ズワイガニ 松葉がに 蟹鍋

「松葉カニ」

京都府・兵庫県・鳥取県・島根県の漁港で水揚げされたオスのずわい蟹の別名です。

濃厚な味わい、柔らかな身、味わい豊かな味噌が特徴です。

「越前カニ」

福井県の漁港で水揚げされたずわい蟹の別名です。

味わいは松葉カニと同様豊かなものですが、4府県にまたがっている松葉カニに対し、

越前ガニは福井県のみのため水揚げ量が少なく、

関西ではなかなか芽にすることのできないカニです。

「間人ガニ」「津居山ガニ」「柴山ガニ」

松葉ガニの中でさらに漁港ごとにつけられた別名です。

間人(たいざ)は京都府京丹後市、

津居山は兵庫県豊岡市、柴山は兵庫県香美町の漁港です。

それそれに発行されたタグがつけられ、ブランドガニとして扱われています。

ゆう月では蟹を堪能できる蟹料理をご用意します

お料理は2コース、

定番の鍋料理と技術を駆使した会席料理をご用意し

幅広くお客様のニーズにお応えできるようご用意しております。

「蟹すき鍋コース」

蟹料理の定番、蟹鍋と天麩羅をご堪能いただけるコースです

「蟹づくし会席」

ずわい蟹を様々な調理法で調理し会席仕立てでご提供します

どちらのコースもずわい蟹の持つ旨みと甘みを存分にご堪能いただけるお料理です。

シンプルにずわい蟹の甘みを味わえる蟹すき鍋、

ずわい蟹と旬の素材を合わせ相乗効果で旨みを引き出した会席料理、

お好みのお料理をお選びください。

蟹すき鍋コース 7,100円(消費税・サービス料込み)

綾部の料亭 ゆう月 冬の料理 ズワイガニ 松葉がに 蟹鍋

定番の蟹鍋はシンプルな醤油ベースの鰹昆布だしでご用意し、

ずわい蟹の甘みを存分に味わっていただけます。

殻には全て包丁を入れ、

お箸だけでも簡単に召し上がっていただけるようご用意しています。

合わせる野菜は京野菜や丹波の茸、綾部産の豆腐と湯葉を添え、

蟹の甘みとの相乗効果で味わい深く仕上げております。

鍋の他にも前菜と天麩羅を順にお出しし

鍋の〆には定番の蟹雑炊をご用意します。

カニの甘みを存分に堪能していただけるお料理です。

[ 御献立 ]

前 菜  ずわい蟹の酒肴 盛り合わせ

 鍋   霜降りずわい蟹

     鍋野菜 京野菜 丹波きのこ

     綾部産豆腐 湯葉

     醤油の鰹昆布出汁 薬味一式

油 物  ずわい蟹の天麩羅 季節野菜の天麩羅

     天露とヒマラヤ岩塩を添えて

 〆   蟹雑炊 蟹味噌添え

香乃物  三種の漬物盛り合わせ

水菓子  黒豆と和三盆のゆう月ロール

     季節の果物添え 柑橘ジュレ

蟹づくし会席 14,000円(消費税・サービス料込み)

綾部の料亭 ゆう月 冬の料理 ズワイガニ 松葉がに 蟹鍋

カニ鍋の美味しさは言わずとも知れていることで、

甘み、柔らかさ、味わいなどずわい蟹を堪能するには最適の調理法です。

ここでご紹介するお料理は定番の蟹鍋とは異なり

ずわい蟹を足・爪・味噌・甲羅などそれぞれにあった調理法で

一品ずつ丁寧に作り上げたの会席料理です。

前菜から最後の御飯まで全てのお料理に松葉がに・ずわい蟹を使用し、

ずわい蟹の旨味と旬の素材の相乗効果で生まれる深い味わいをご堪能いただけます。

ずわい蟹は注文に応じて舞鶴の鮮魚店から届き、

さらに必要に応じて料理長自ら舞鶴まで仕入れに行きご用意します。

鮮度が命の蟹料理には生きたままのずわい蟹を丁寧に調理します。

[ 御献立 ]

先附け  蟹と旬野菜の蟹味噌和え

八 寸  蟹の黄身酢和え  ずわい蟹の奉書巻き

     季節の口取添え

煮物椀  蟹爪の揚げ新上 薄氷仕立て

向 附  松葉蟹の花咲造り旬の鮮魚二種添え

     芽物 妻一式

焼き物  ずわい蟹の備長炭焼き あしらい

     すだち ちり酢 藻塩添え

蓋 物  蟹と真鯛のかぶら蒸し 吉野餡掛け

油 物  ずわい蟹の天麩羅 季節野菜の天麩羅

     天露とヒマラヤ岩塩を添えて

酢乃物  ずわい蟹の岩塩吟醸蒸し 土佐酢添え

留 椀  八丁味噌仕立て

御 飯  ずわい蟹の炊き込み御飯 蟹味噌和え

香乃物  三種盛り合わせ

水菓子  黒豆と和三盆のゆう月ロール

     季節の果物添え 柑橘ジュレ

綾部の料亭 ゆう月 冬の料理 ズワイガニ 松葉がに カニ刺し

綾部の料亭 ゆう月 冬の料理 ズワイガニ 松葉がに カニ酢

綾部の料亭 ゆう月 冬の料理 ズワイガニ 松葉がに カニ料理

綾部の料亭 ゆう月 冬の料理 ズワイガニ 松葉がに 蟹鍋

京都 綾部で紅葉を楽しむ。庭園の四季を映し出す会席料理とともに|綾部の料亭 ゆう月

  • 2018年10月29日
  • 作成者:yuzuki

カテゴリー:庭園

季節は中秋から晩秋へ、11月に入ります。

場所は古都「京都」

頭に思い浮かぶのは紅葉ではないでしょうか?

言わずと知れた名所 嵐山。

五重の塔と紅葉のコラボレーションが見事な世界遺産 仁和寺。

そのほかにも清水寺、高台寺、南禅寺、

寺社仏閣が多数あり、山に囲まれた盆地の京都には

多くの紅葉の名所があります。

11月になると、

どこの名所ももれなく多くの人でいっぱいになります。

そんな京都から少し離れてみましょう。

北へ、

南北に長い京都府は

山間部が多く自然豊かでまだまだ紅葉の名所が点在しています。

亀岡の保津峡、丹波亀山城址、

南丹市のるり渓、

福知山の長安寺、舞鶴の金剛院、

そしてゆう月のある綾部市にも、

大本神苑や足利尊氏ゆかりの安国寺といった紅葉の名所があります。

秋の京都はどこへ足を運んでも

様々な紅葉を楽しめること間違いなしです!!

綾部にもう一つ、紅葉をが綺麗な庭園

私共ゆう月の庭園にも多くのもみじがあり10月から11月にかけて

紅葉の庭園をご覧いただけます。

暑さが和らぎ庭園にも秋の訪れを感じられるようになると、

深い緑色を見せていた庭園は次第に変化を始めます。

 

桜の葉が色づき落葉し、ドウダンツツジ、ヤマボウシの葉が

次第に紅葉しだします。

さらに秋の深まりに合せて庭園の池を囲むもみじの葉が順に赤く染まリ、

11月中旬を過ぎる頃見に頃を迎えます。

 

庭園を望む特等席から食事と共に庭園の紅葉を愛で、食後には庭へ、

秋の風景をお楽しみください。

秋の庭園を映し出したようなゆう月の会席料理「錦木会席」

綾部の料亭 ゆう月 秋の会席料理

秋の食材と飾りに庭園のもみじ、ヤマボウシなどを使って

目の前に見える紅葉の庭園を器の上に映し出したような会席料理をご用意しています。

目で見て秋を感じ、

食べて旬の恵みを味わう、

日本の四季と食文化が作り出した

会席料理をお楽しみください。

綾部 ゆう月の会席料理 紅葉ライトアップ

紅葉の庭園をご紹介します

柔らかなお日さまの下の紅葉

綾部の料亭 ゆう月 秋の庭園 紅葉

綾部の料亭 ゆう月 秋の庭園 紅葉

綾部の料亭 ゆう月 秋の庭園 紅葉

綾部の料亭 ゆう月 秋の庭園 紅葉

<div class="wc-shortcodes-row wc-shortcodes-item wc-shortcodes-clearfix"></div> <div class="wc-shortcodes-column wc-shortcodes-content wc-shortcodes-one-third wc-shortcodes-column- "> 綾部の料亭 ゆう月 秋の庭園 紅葉 </div> <div class="wc-shortcodes-column wc-shortcodes-content wc-shortcodes-one-third wc-shortcodes-column- "></div> 綾部の料亭 ゆう月 秋の庭園 紅葉 ドウダンツツジ

綾部の料亭ゆう月 秋の庭園 紅葉

綾部の料亭 ゆう月 秋の庭園 紅葉

綾部の料亭 ゆう月 秋の庭園 紅葉

綾部の料亭 ゆう月 秋の庭園 紅葉

綾部の料亭 ゆう月 秋の庭園 紅葉

綾部の料亭 ゆう月 秋の庭園 紅葉

綾部の料亭 ゆう月 秋の庭園 紅葉

■ ライトアップで照らされる紅葉庭園

綾部の料亭 ゆう月 秋の庭園 紅葉 ライトアップ

綾部の料亭 ゆう月 秋の庭園 紅葉 ライトアップ

綾部の料亭 ゆう月 秋の庭園 紅葉 ライトアップ

綾部の料亭 ゆう月 秋の庭園 紅葉 ライトアップ

綾部の料亭 ゆう月 秋の庭園 紅葉 ライトアップ

■ 庭園をドローンで撮影した動画です

食欲の秋に栗やサンマなどを食す!里山の紅葉の色づきが器に映し出される秋の会席料理 | 綾部の料亭 ゆう月

  • 2018年10月22日
  • 作成者:yuzuki

カテゴリー:料理

秋を食べ尽くしませんか?

季節は秋を迎え、庭園の樹々は桜の葉やドウダンツツジ、

カエデ、もみじと紅葉が深まりつつあります。

庭園をご覧いただくことにおいても、

春の桜の頃と並んで

もっとも季節を感じていただける

季節でしょう。

そんな庭園を眺めながら、

また、個室で静かにおくつろぎいただきながら、

心地いい自然の中で

楽しんでいただける会席料理をご紹介します。

錦木会席 5,900円(消費税・サービス料込み)

綾部の料亭 ゆう月 秋の会席料理 紅葉

御献立

前菜

綾部の料亭 ゆう月 秋の会席料理 柿の白和え 紫ずきん

柿の白和え いが栗見立て毬揚げ

サーモンの砧巻き 紫ずきん

合鴨の蒸しロースト

最初にお出しするお料理は季節感いっぱいにお出しします。

柿は白和えにして甘さの中に胡麻が香る一品に仕上げ、栗はそうめんを使って木に実るいが栗を見立てています。魚料理でサーモンの酢物、肉料理で合鴨のローストをご用意、バランスのとれた盛り合わせにします。さらに旬の京野菜「紫ずきん」を加え、赤く色づく紅葉の葉を添えて、目で見て食べて秋を感じられる前菜をお楽しみください。

煮物椀

綾部の料亭 ゆう月 秋の会席料理 真鯛のお吸い物 松茸

紅葉鯛と揚げ湯葉の清まし仕立て 菊花散らし

そのきれいな赤色から紅葉鯛と称される真鯛と湯葉をさっと唐揚げにし松茸を添えてお出しします。散らした菊の花びらが香り高い一品に仕上げます。

御造里

綾部の料亭 ゆう月 秋の会席料理 お造り ヒラメの昆布締め アオリイカ

平目の昆布締め 間八の平造り

青利烏賊  紅葉けん メモの一式

平目は昆布締めにしてじっくり熟成させ旨みを引き出し、味わいの高いカンパチと秋烏賊とも言われるアオリイカを盛り合わせ、人参と大根を合わせ紅葉の山を見立てたつまを添えてお出しします。

焼き物

綾部の料亭 ゆう月 秋の会席料理 さんま 菊菜のおひたし

秋刀魚の柚庵焼き 栗煎餅散らし 紅葉人参 銀杏丸十

花蓮根  丹波占地と菊菜のお浸し

旬の脂ののったサンマは3枚におろし、柚子の香るタレに漬け込み焼き揚げ、スライスした栗を揚げて添えます。

花に形どった蓮根、紅葉に形どった人参、銀杏に形どったサツマイモを素揚げにして盛り付けた秋を食す一皿です。

焚合

綾部の料亭 ゆう月 秋の会席料理 京丹波高原豚 豚の角煮

京丹波高原豚の角煮 鼈甲餡掛け

とき芥子と温度玉子を添えて

京都 日吉産の京丹波高原豚のバラ肉はじっくり煮込むことで柔らかくなり、余分な脂をぬいてあっさりとした味わいです。温泉玉子と季節の野菜を添え角煮の煮汁に葛粉を加えとろみをつけてご提供します。

油物

綾部の料亭 ゆう月 秋の会席料理 天ぷら 海老 岩塩

海老と湯葉の菊花揚げ ヒマラヤ岩塩

厚切丸十 獅子唐

海老とオクラと大葉を湯葉で巻いて天ぷらにします。厚切りのサツマイモと獅子唐を添えヒマラヤ岩塩を添えてお出しします。

酢物

綾部の料亭 ゆう月 秋の会席料理 真鯛の昆布締め ジュレ

昆布締め真鯛の炙り 千草巻き  山葵酢

昆布締めにした真鯛の皮を炙って鯛の味わい、昆布の旨み、炙った皮の香ばしさを一体に仕上げます。その鯛を削ぎ切りにしてミョウガや大葉を巻き、わさびを加えた土佐酢のジュレをかけて仕上げます。白い皿に酢漬けのミョウガ、菊の花びらが彩り豊かです。

御飯 留椀 香乃物

綾部の料亭 ゆう月 秋の会席料理 ごはん しめじご飯 大黒本シメジ

丹波大黒本占地の炊き込みご飯

袱紗味噌仕立て 三種の盛り合わせ

京丹波町名産の京野菜「大黒本しめじ」で炊き込みご飯にします。合わせた三つ葉、仕上げにふった柚子の皮が食欲をそそる一品です。

水菓子

綾部の料亭 ゆう月 秋の会席料理 デザート ロールケーキ 栗の甘露煮

黒豆と和三盆のゆう月ロール

季節の果物添え 柑橘ジュレ

上林鶏の養鶏農家から仕入れた玉子と上品な甘みの和三盆、魚沼産コシヒカリの米粉を使用した特製のロールケーキです。

秋の味覚の王様 松茸。丹波の里山で秋を食べる松茸会席|綾部の料亭ゆう月

  • 2018年10月04日
  • 作成者:yuzuki

カテゴリー:料理

綾部の料亭 ゆう月 秋の会席 松茸

里の恵みは柿や栗、さつまいも、・・・
海ではサンマやサバなど青魚が旬を迎え脂がのり、
日本料理にとって
持て余すほどの食材が旬を迎えます。

その中でもやっぱり食べたい食材・・・

松茸でしょう。

一昔前にはたくさん採れた松茸も現在は希少な存在に、
私も子供の頃には秋になると当たり前のように
晩御飯で丹波松茸を食べたものです。

ゆう月のある綾部市も含む丹波地方は
国産松茸の中でも最高級クラス、丹波松茸として
全国でも知られていることと思います。

この地方で採れた松茸はすぐさま京都の中央市場や築地市場へ送られたり、
とある噂では、京都のお店が直接買い付けに来て高値で売れていく、
などの話もあります。

私どもゆう月では取引のある地元の青果店と常に連絡を取り
可能であれば国産の松茸を使用し、
会席料理の予算に会わなければ外国産の松茸を仕入れて
松茸料理をご用意しています。

綾部の料亭 ゆう月 秋の会席 松茸

現在、市場に出回っている外国産松茸は、
中国産、韓国産、アメリカ産、カナダ産、モロッコ産、最近ではブータン産なども、

中国産や韓国産は日本と同じマツ林に自生しているため日本のものに近く

外国産を使用する場合はこれらを主に使用します。

最近、同じ料理人の先輩から、
ブータン産の松茸が香りも食感も良く、
自身のお店でも使用しているとの話を聞いたため、
私どもでも仕入れ試してみたりもしています。

国産松茸が大変希少になっている今、
ご予算にあう中でお客様に満足していただけるよう創意工夫を重ねて
お料理をご用意しています。

代金がいくらかかってもいい、だから国産の松茸を食べたい。
とお思いのお客様のご希望にも沿ってご用意しますので、
是非お問い合わせください。

松茸料理の会席は2コースご用意しています

綾部の料亭 ゆう月 秋の会席 松茸 季節の会席


■ 松茸会席 13,000円(消費税・サービス料込)


松茸料理の代表「土瓶蒸し」「焼き松茸」「松茸ご飯」をメインに季節の料理を加えて献立を組んだコースで、比較的リーズナブルに松茸の香りを楽しむことのできるコースです。

綾部の料亭 ゆう月 秋の会席 松茸 松茸づくし会席

■ 松茸づくし会席 29,000円(消費税・サービス料込)


「土瓶蒸し」「焼き松茸」「松茸ご飯」はもちろん、前菜からお造り、蒸し物、油物など、デザートを除く全料理に松茸をふんだんに使って松茸を堪能できる会席料理です。

季節の会席料理に追加で注文できる予約用単品メニューもご用意しています

■ 松茸と秋鱧の土瓶蒸し 2,000円(消費税・サービス料込)


相性のいい松茸と鱧を土瓶に入れて蒸し引き立てあったお出汁をお楽しみいただきます

■ 松茸ご飯 800円(消費税・サービス料込)


予定のご飯と変更して土鍋で炊き上げた松茸ご飯をご用意します

松茸料理をご紹介します

綾部の料亭 ゆう月 秋の会席 松茸 土瓶蒸し

煮物碗 「松茸と秋鱧の土瓶蒸し」


秋の出会い物の松茸と鱧、その相性の良さを損なわないようにシンプルに仕上げた土瓶蒸しです。余分なものを極力排除し具材はあと銀杏とみつばのみ、松茸の香りとそれを引き立てコクをプラスする鱧のお出汁をご堪能ください。


綾部の料亭 ゆう月 秋の会席 松茸 焼き松茸


焼き物 「松茸の備長炭焼き」


仕入れた松茸の中でも特に形の良いものを素材のままにご提供、お客様のお席で備長炭のコンロで焼いてお召し上がりいただきます。自家製のポン酢、ヒマラヤの岩塩、すだちなどを添え様々な味わいが楽しめるのもこのお料理の特徴です。丹波牛と万願寺甘とうといった京都食材も添え、合わせてどうそ。

綾部の料亭 ゆう月 秋の会席 松茸 松茸ご飯


御飯 「松茸御飯」


松茸料理の定番中の定番。香り食感の良い松茸をたっぷり入れ炊き上げます。お米ももちろんゆう月こだわりの京都米コシヒカリ100%、1枚の田んぼでとれた純粋なお米を収穫後農家で低温貯蔵して管理しているお米です。もちろんその年の新米を使ってご用意します。

 

京都丹波高原の自然が育んだ上質の牛肉を和の趣で、丹波牛会席|綾部の料亭ゆう月

  • 2018年09月24日
  • 作成者:yuzuki

カテゴリー:料理

美味しいお肉を堪能できる和食はいかがですか?

毎年5 6 9月は上質な丹波牛を使った特別な会席料理「丹波牛会席」ご用意しています。

ゆう月の丹波牛会席 ローストの画像

8,500円の「丹波牛会席」はゆう月が毎月ご用意している

季節の会席料理をベースにして

わさび醤油で食べるレアステーキと

ヒマラヤ岩塩で焼いたハネシタのステーキを合わせて

丹波牛、魚介、野菜のバランスとれた

会席料理です。

12,000円の「丹波牛づくし会席」は全11品で組まれた献立で

どのお料理にも丹波牛を使用した上質の肉料理を満喫できる会席料理です。

時折、魚だけじゃないちょっと変わったお料理のご要望をいただきます。

和食、会席料理といえば魚介がメインのお料理をイメージされるでしょう。

ゆう月ではバランスを考えて「季節の会席料理」にも

必ず肉料理が入るように毎月献立を組みますが、

やはりお刺身や焼き魚など

魚介類中心の献立になります。

お客様の中には魚が苦手な方、

肉料理を満喫したい方、

こういったご要望をいただきます。

そこでご用意しているのがこの

「丹波牛会席」と「丹波牛づくし会席」です。

ホームページで献立も公開していますので、

「魚が苦手だから会席はちょっと

「会席料理を頼んで食べられないものがあったらどうしよう」

などの不安をお持ちの方にもご安心いただけます。

またご予約の際に食べられない物、苦手なもの、

のご相談をいただければ料理長がお電話口で対応し

ご要望にできる限りお応えさせていただきます。

ぜひぜひ、まずお電話でご相談ください。

京都、丹波高原の自然が育んだ上質な丹波牛

丹波牛会席に使用する牛肉は全てお客様より予約を頂いてから

京丹波町にある「いづつ屋」さんより仕入れます。

いづつ屋さんの牧場では

田舎ならではの空気の透明度、

無味無臭の艶めいた水が存在します。

その環境で丹波の牛たちは毎朝小鳥たちの鳴き声で目覚め、

日中は世話主の優しい話し声とクラシックを聞きながら

といった紹介が公式ページでされています。

いづつ屋さんの公式サイトはこちら

丹波牛会席  8,500円(消費税・サービス料込み)

綾部の料亭 ゆう月 丹波牛会席

季節の会席料理をベースにして

造里代わりの「レアステーキ薄造り」と

「ハネシタのヒマラヤ岩塩焼き」を加えた会席料理です。

丹波牛・魚介・旬野菜・京野菜をバランスよく合わせ仕上げております。

肉料理以外の詳細は季節によって異なりますので、

「睡蓮会席」(5 6月)「芙蓉会席』(9月)を参照ください。

構成上、献立が変更する場合がございますがご了承お願い致します。

丹波牛づくし会席  12,000円(消費税・サービス料込み)

綾部の料亭 ゆう月 丹波牛会席

一品一品に丹波牛を使用して構成された全11品の会席料理です。

使用する食材は丹波牛と旬野菜、京野菜。魚介類は使用していません。

赤身の旨味を感じられるもも肉やイチボはローストやレアステーキに、

サシが綺麗に入ったハネシタはレアに焼き上げて

グリルした京野菜と共に自家製ソースでお召し上がりいただきます。

魚介類中心の会席料理とは異なった満足感を感じられる会席料理です。

お料理のご紹介

綾部の料亭 ゆう月 丹波牛会席の一品 煮物椀

煮物椀 「ヒレ肉と揚げ湯葉の澄まし仕立て」(12,000円)

柔らかな丹波牛のヒレ肉をミディアムに焼き、綾部産の出来立て湯葉は油であげて表面はパリッと中はモチモチに仕上げます。

お肉と湯葉を重ね盛り、鰹昆布のお吸い物出汁をはってご提供します。

 綾部の料亭 ゆう月 丹波牛会席の一品 寿司

御寿司 「丹波牛の握り寿し」(12,000円)

丹波牛の希少部位「ハネシタ」をレアに焼き上げ、スライスして握り寿しにします。綾部産のコシヒカリ、宮津産の富士酢で作ったすし酢、丹波牛が合わさり味わい豊かな一品に仕上がります。

 綾部の料亭 ゆう月 丹波牛会席の一品

御造里 「イチボのレアステーキ 薄造り」 (12,000円・8,500円)

イチボは丹波牛のお尻、ランプに近い部分の赤身肉で、筋も少なく非常に柔らかい肉質、低カロリーの部位です。強火で表面を炙り余熱でじっくりと火を通し仕上げます。それを薄くそぎ切りにして本わさびと昆布を漬け込んだ出汁醤油でお召し上がりいただきます。

綾部の料亭 ゆう月 丹波牛会席の一品 ハネシタの岩塩焼き

焼き肴 「ハネシタのヒマラヤ岩塩焼き 飴色玉葱の柑橘ソース」(12,000円・8,500円)

あばらの方へと続く肩ロースの部位です。ザブトンとも呼ばれサシはあるが脂身の少ない上品な肉をヒマラヤ産の岩塩で味付けしじっくりと鉄板焼きにして仕上げます。ソースは玉葱を飴色に炒めて甘みを出し自家製のポン酢と合わせて作ります。

 

綾部の料亭 ゆう月 丹波牛会席の一品 ローストビーフ

冷製小鉢 「ローストビーフと温度玉子の美味出汁ジュレ」(12,000円)

あっさりとしたモモ肉をローストし賀茂茄子の煮浸しと温度玉子(温泉玉子)を盛り合わせて八方出汁のジュレを掛けてご提供します。

 綾部の料亭 ゆう月 秋の会席 イチジク

季節料理 「無花果の胡麻クリーム掛け 菊花散らし」(8,500円)

8,500円の丹波牛会席でお出しする季節料理の1例です。丹波牛料理のみで構成される12,000円の丹波牛ずくし会席とは異なり、丹波牛料理と季節料理を組み合わせた8,500円のコースは魚の焼き物や蒸し物など丹波牛、魚介、野菜のバランスを考えたコースです。とにかく丹波牛を堪能したい時の「丹波牛ずくし会席」丹波牛と季節料理を色々と食べたい時の「丹波牛会席」でお選びください。

昔話のような空間で行われる筆供養 綾部八田地域の歴史ある岩王寺の萩まつり|綾部の料亭ゆう月

  • 2018年09月01日
  • 作成者:yuzuki

カテゴリー:近隣のオススメスポット

昔話の中の光景をご覧になりませんか?


ゆう月のある綾部市北部の八田地域、府道から脇へと入り田園の横を進みます。

ゆう月を越えさらに進むと道は山を上へと、

急な登り坂をゆっくり進むと、

その先に岩王寺があります。

綾部市のお寺 高野山真言宗 岩王寺 萩祭り 筆供養

綾部市のお寺 高野山真言宗 岩王寺 萩祭り 筆供養

寺へと続く石段、

その先には金剛力士像を有する仁王門、

そして本堂、

仁王門と本堂はともにかやぶきの屋根になっており、

周りには木々山々、

真上には小さく見える空があり

まるで昔話の世界に入ったかのように光景が広がっています。

毎年9月の第二日曜日に開催される岩王寺の萩まつり

この岩王寺では毎年9月の第二日曜日にお祭りが開催され、

多くの人が拝観します。

「萩まつり 筆供養」です。

綾部市のお寺 高野山真言宗 岩王寺 萩祭り 筆供養

もともと萩の花が綺麗に咲き誇るお寺だったことから

萩まつりという名がつきました。

近年、野生の鹿により萩に被害を受けましたが

昨年のお祭りで寄付を募って萩の植樹が行われ

我がゆう月もささやかながら協力させていただきました。

綾部市のお寺 高野山真言宗 岩王寺 萩祭り 筆供養 萩 植樹

次第に萩がお寺を彩る光景を取り戻すことを願っています。

このお祭りのメインのイベントは筆供養です。

下で詳しく書いていますが、

その昔、この山から上質の硯石が取れ、時の天皇に献上、

天皇がそれを大変讃えたことから

古くなった筆や鉛筆などを供養する

このお祭りが始まりました。

今年2018年の開催日は9日です

当日お祭りは朝10時から午後3時まで開催され、

和太鼓、お琴の演奏が行われます。

綾部市のお寺 高野山真言宗 岩王寺 萩祭り 筆供養 お琴演奏

また、普段は公開されていない、

龍虎の襖絵や御本尊 薬師如来 十二神将などの一般公開も行われ

貴重な体験ができます。

綾部市のお寺 高野山真言宗 岩王寺 萩祭り 筆供養

メインイベントの筆供養は1030分から行われますので

筆などをご持参の方は間に合うように

お越しください。

1070年の歴史を持つ丹波の古刹 高野山真言宗「岩王寺」

古くより岩王寺のあるこの地は優れた硯石が多く算出し、

850年ごろここで取れた石でできた硯石を

日本三筆の1人 嵯峨天皇に献上したところ、

天皇はそれを大変好まれ愛用し、
「石の王子であるべし」

と賞賛され「石王子」とかいて「しゃくおうじ」と

言葉にされました。

それからおよそ100年後、

天暦三年(949年)に醍醐天皇の第二皇子である空也上人がここを訪れ、

お寺を建立、

石よりもどっしりとした「岩」の字を用いて、

嵯峨天皇の発した言葉をそのままに

「岩王寺」(しゃくおうじ)名付けこのお寺が始まりました。

それから平安の世、

岩王寺は栄え、

山一帯に堂塔伽藍が林立し寺僧は100人に至り、寺領七百石を有して

山陰随一の聖地となり隆盛を極めました。

ゆう月のある綾部市七百石町の町名はこの寺領に由来しています。

次第に衰退の道をたどるが、

建武元年(1334年)足利尊氏が丹波国 篠村(現在の亀岡市内)に挙兵した際、

僧徒が戦勝祈祷を行い、尊氏の戦勝後、

その功として何鹿郡八田郷内の田地弐町を寄進されました。

しかし、戦国の世、

豊臣秀吉が天下を平定すると、

ことごとく寺領を失い衰退しましたが、

江戸中期の住僧・秀蓮によって復興、

それから今日に至るまで代々の住職と檀徒の努力によって

岩王寺は守られてきました。

岩王寺は本山様式をそのままに、

南より仁王門、本堂、庫裏が直線上に整然と建ち並び、本堂の東側に西面して当山の鎮守神「熊野権現」厳然と祀られています。

近郷には類を見ない造りです。

重宝も多くそれらが公開されるのも萩祭りの見どころです

綾部市のお寺 高野山真言宗 岩王寺 萩祭り 筆供養

創建以来安置し奉る御本尊の薬師如来、

日光月光両菩薩、

御本尊を守護する薬師十二神将、

庫裏には大日如来、

宗祖弘法大師、開山空也上人の坐像があります。

綾部市のお寺 高野山真言宗 岩王寺 萩祭り 筆供養

お寺全体としては、

平成七年に仁王門、本堂(附として庫裏 鎮守堂も)が

京都府の登録有形文化財に指定されています。

綾部市のお寺 高野山真言宗 岩王寺 萩祭り 筆供養

綾部市のお寺 高野山真言宗 岩王寺 萩祭り 筆供養

綾部市のお寺 高野山真言宗 岩王寺 萩祭り 筆供養

綾部市のお寺 高野山真言宗 岩王寺 萩祭り 筆供養

綾部市のお寺 高野山真言宗 岩王寺 萩祭り 筆供養

綾部市のお寺 高野山真言宗 岩王寺 萩祭り 筆供養

 

仁王門にさりげなくある彫刻も歴史、文化を感じる作品です。

綾部市のお寺 高野山真言宗 岩王寺 萩祭り 筆供養

多くの文化財、重宝がある中で特に目を見張るのが、

「龍虎の襖絵」に代表する渡辺玄対の作品です。

谷文晁という有名な江戸時代の画家の師として知られる、

渡辺玄対は寛永二年に江戸で生まれ、

江戸時代の中期に多くの作品を残し75年の生涯を閉じました。

その渡辺玄対が江戸時代に再建された岩王寺に宿泊し、

龍虎の襖絵を始めとして複数の作品を描き、

このお寺に残しました。

現在一つの寺院に渡辺玄対の作品が多くの残っているところはなく、

歴史的に貴重なことといえます。

萩祭り当日、賑やかで貴重な文化財、重宝を見ることのできる岩王寺、

その他の日、江戸時代にタイムスリップしたかのような静かな岩王寺、

どちらも千年の歴史を五感で感じることのできる

とても素晴らしいお寺です。

この岩王寺のお膝元、かつての寺領で

我がゆう月を営業できていることを誇りに

お客様を日々お迎えしています。

 

情報

正式名称 神宮山 岩王寺

  住所 〒623-0111 綾部市七百石町寺ノ段1番地

電話番号 0773-44-0646

拝観時間 9:0016:00

拝観料金 無料(内拝は志納)

拝観予約 内拝のみ要予約

 駐車場 あり(無料)

リンク

◾️綾部市観光協会サイト 萩まつり

◾️岩王寺 – 綾部の文化財

◾️綾部の文化財日誌

◾️京都に乾杯 岩王寺

◾️YouTube動画


49日や一周忌など故人を偲ぶ法事のお食事に四季の庭園とお料理で語らいのひと時を・・・|綾部の料亭ゆう月

  • 2018年08月29日
  • 作成者:yuzuki

カテゴリー:行事について

法事の準備を大変に思っていませんか?

身近な人を亡くすという悲しい経験は誰にも訪れます。

加齢や闘病で心の準備ができていた別れもあれば、

事故で突然別れを告げられる場合もあります。

そんな悲しみの中で、

残された者は故人のために法事を行うことになります。(仏式の場合)

お通夜、告別式に始まり初七日、四十九日、一周忌、三回忌

これらは聞いたことや出席したことなどもあるのではないでしょうか?

しかし、親族となるとさらに細かく行う儀式があります。

法事 法要 岩王寺の境内

このように法事を準備するのは大変な作業です。

ご住職や親族の予定に合わせて日にちを決定し、

お食事や引き出物など準備の数々、

決まりごとやから仕方なく・・・

とつい思ってしまうのも忙しい日常の中で

しかたのないことかもしれません。

なぜ我々は親族を亡くすと法事を行うのでしょう?

綾部の料亭 ゆう月 法事のお寺写真

仏教では「六道輪廻」と言い、死ぬと6つの世界のいずれかに生まれ変わると考えられています。

それは「地獄堂」「餓鬼道」「畜生道」「修羅道」「人間道」「天道」です。

この6つの道がどのような道かを説明するとさらに長くなってしまうので

ここでは割愛させていただきます。

おそらく文字から推測ができるのではないでしょうか?

詳しく知りたい方はこちらをご参考にしてください。

岩王寺の境内 法事の写真

死んでからこの六道のいずれかに生まれ変わる期間いる場所を中有界と言い、

亡くなった日を入れて四十九日間とされています。

その間、七日ごとに裁きが行われ四十九日目に行き先が決定するのです。

生前、人は誰でも生きるために他の生き物を殺生し、

心の乱れから怒りや愚痴、欲が出てしまいます。

そのため普通は地獄行きに決定してしまうのです。

そこで残された家族が七日ごとに法事という形の善を行い、

その善の功徳を亡くなった人に差し向けることにより

少しでもいい世界に生まれ変わってほしいと願う儀式、

これが「追善法要」いわゆる法事なのです。

ここで中有期間の法要をご紹介しておきます

  • 初七日  7日目   不動明王が司ります ※近年では葬儀と共に行う
  • 二七日忌 14日目  釈迦如来が司ります
  • 三七日忌 21日目  文殊菩薩が司ります
  • 四七日忌 28日目  普賢菩薩が司ります
  • 五七日忌 35日目  地蔵菩薩(閻魔大王)が司ります
  • 六七日忌 42日目  弥勒菩薩が司ります
  • 七七日忌 49日目  薬師如来が司ります

これで中有界での期間は終わり、忌があけます。

「死霊」はこれより「祖霊」となり仏になるため

これまでに仏壇や位牌を用意することが慣例とされています。

故人のために行う儀式は最初の49日間だけでもこのようにあり、

百か日、初盆、一周忌、三回忌、七回忌・・・

と続きますが、

家族を亡くす悲しみはそれぞれ当然計り知れないもので、

最初の49日間ぐらいは、元気だった頃を思い出し深い悲しみの中にあります。

3ヶ月が過ぎた頃には悲しみや寂しさを受け入れ、耐える力を養い、

故人のために泣く事を終えるための法事「百か日」を行います。

その後、一周忌、三回忌と続けていくことで

仏様を懐かしく思い、家族親族で在りし日の思い出を語り合う

とてもかけがえのない時間を過ごすことができます。

このようの法事を行うということは

故人の行く道を祈願するのと同時に残された者の心の整理を行い

いずれ来る自信の死について見つめていく準備をする

大切な機会なのではないでしょうか。

そこで、故人にとっても家族にとっても大切な法事、

しかしながら日常の忙しさの中で不本意ながらないがしろに

してしまいそうになる法事、

ご家族の負担を少しでも軽減できるよう

私どもゆう月がお手伝いします。

お手伝いできる内容は以下の通りです

  • 料理長が考える季節感あふれるおまかせ会席料理をご用意します
  • お子様向けのお料理や食事をそんなに多く食べられないご年配の方への別料理をご用意します
  • 故人も一緒にお席を囲むことのできる陰膳をご用意します
  • 引き出物の受け取り、保管をいたします
  • ご自宅 お寺 お墓 駅 宿泊施設などご希望の場所へ無料送迎いたします
  • お客様に合ったお部屋タイプ別にご用意しています
  • ご自宅で行う法事の食事にゆう月のお料理をお届けします

料理長が季節ごとに考える精進料理を踏まえた季節の会席料理

法事会席は目安として3種類の価格をご用意しています。

  • 5,900円の法事会席「蓮葉」
  • 8,000円の法事会席「沙羅」
  • 11,500円の法事会席「白檀」

料理長が月ごと季節ごとに旬の食材、季節にあった盛り付けで考案する

季節の会席料理をベースにして胡麻豆腐や湯葉なども使って

法事のお席にあったコースをご用意します。

器も見た目におめでたいような赤色などの器は変えてご提供します。

◾️法事会席「蓮葉」 5,900円(税サ込み)

綾部の料亭 ゆう月 法事の会席料理

法事のお料理として一般的で最もご注文いただいているお料理です。

季節の会席料理として毎月ご提供しているお料理を基本に、法事の御席に合うよう器と食材を変えてご用意します。

精進料理で代表される胡麻豆腐や湯葉などを季節に応じて取り入れ、京野菜や魚介類、鴨肉、鶏肉などを使いバランスのとれた献立です。

内容はその月の季節の会席料理の献立でご覧いただけます。

◾️法事会席「沙羅」 8,000円(税サ込み)

綾部の料亭 ゆう月 法事の会席料理

5,900円の季節の会席料理をベースにメイン料理に丹波牛のステーキを加えさらに満足度を高くした会席料理です。

◾️法事会席「白檀」 11,500円(税サ込み)

綾部の料亭 ゆう月 法事の会席料理

法事会席で最上位のコースです。

お客様にわせた完全オリジナルの会席料理でアワビや車海老、丹波牛のステーキなどに加えて、春は報恩寺筍や桜鯛、夏は美山鮎、秋は松茸、冬はカニやふぐ、季節の代表食材をご用意します。

お子様向けのお料理や陰膳も合わせてご用意します

法事のお席はご家族で行うため小さなお子様も同席することが多いと思います。

そんなお客様のために、年齢別のお子様向け料理をご用意します。

◾️お子様プレート 1,200

綾部の料亭 ゆう月 法事のお子様料理 お子様ランチ

小学校に上がる前、6歳くらいまでのお子様を対象にしボリュームを抑えて小さなお子様に合わせています。

内容:オムライス ハンバーグ エビフライ コーンスープ サラダ デザート

◾️お子様ランチ 1,800

綾部の料亭 ゆう月 法事のお子様料理 お子様ランチ

小学生のお子様を対象にプレートと同じ内容でボリュームをアップしています。

内容:オムライス ハンバーグ エビフライ コーンスープ サラダ デザート

◾️若草会席 3,500

綾部の料亭 ゆう月 法事のお子様料理 お子様ランチ

中高生のお子様を対象に和食のコースをご用意します。ベースはゆう月のランチコース「季節の花籠膳」で丹波牛のステーキを入れたお得なコースです。

内容:お造り 酢物 煮物  丹波牛のステーキ サラダ 茶碗蒸し 白ご飯 味噌汁 漬物 デザート

せっかくの法事のお食事なら故人も一緒にとお考えの方のために陰膳もご用意します。

位牌や遺影をお持ちいただければ陰膳と合わせてより一層思い出話に花が咲くことでしょう。

◾️陰膳 1,500

綾部の料亭 ゆう月 法事の陰膳料理

列席者への引き出物 粗供養の品をお預かりします

施主の皆様は忙しい中法事へ来られた列席者の方に

引き出物 粗供養品をご用意されることと思います。

ギフトショップなどへご注文されるときに

お届け先を当店ゆう月にしていただければ

私どもが代わりにお預かりしておきます。

その場合は当日もしくは前日にしていただき

ご予約の際にその旨をお伝えください。

無料送迎サービスはご希望の場所へ

綾部の料亭 ゆう月 法事の送迎車画像

法事のご予約は少なくてもおよそ5名以上でのご予約となると思います。

そのためどのお料理をご予約でも

もれなく無料の送迎サービスをご利用いただけます。

送迎サービスは走行時間1時間以内を目安にご希望の場所へお迎えします。

ご自宅でもお寺でもお墓でもご指定ください。

また、ご自宅を出発したのちに途中でお寺やお墓によって

お参りをする場合もその間待機しておきますのでご予約の際に

その旨をお伝えください。

お墓などの経由は1015分程度の常識の範囲内でお願いいたします

またお送りもお迎え場所だけでなく、

まずご住職をお寺にお送りする、や

列席者がホテルに泊まるのでホテルまで、や

遠方からの列席者がそのまま電車で帰るので駅まで

など、ご要望に合わせてお送りいたします。

お客様のご希望に沿うようご活用ください。

お客様のニーズに沿ったお部屋をお選びいただけます

ゆう月の座席の画像

お部屋は30名まで同席可能な半個室の椅子のお席や

完全個室で床の間のある格式高い14名程度まで入れるお座敷、

掘りごたつを配置した足を楽に過ごせる和室は12名までご利用でき、

タイプの異なったお部屋をご用意しています。

足が痛く畳に座るのが辛いので椅子のお席で、

小さなお子様がいるので個室がいいなど、

お客様の過ごしやすい部屋をご利用ください。

また小さなお子様に対応した椅子や、

赤ちゃんを座らせることも寝かせることもできるベビーラックも

全部屋対応でご用意していますのでお申し付けください。

各部屋1部屋ずつのため、

どの部屋をご利用いただけるかは早く予約した者勝ちとなります。

法事の日程が決まりましたらまず部屋の空きを確認いただき

お早めに予約していただくことをお勧めします。

 

お席のご案内について詳しくはこちらをご覧ください

ご自宅で法事をされるお客様にもゆう月のお料理を

ご自宅での法事をお考えのお客様にゆう月のお料理をお届けします。

故人の住み慣れたご自宅で行う法事やお斎のお時間は

ご親族で思い出を語り合うことのできる

かけがえのない集まりとなるでしょう。

その特別なお時間をゆう月のお料理で彩ります。

綾部の料亭 ゆう月 法事の仕出し料理

◾️会席箱膳 2,000〜5,000円

ゆう月が自信を持ってご用意するおまかせの季節の会席料理を箱いっぱいに詰めてご用意します。

内容は御飯・御造り・焼八寸・天ぷら・甘味を基本に

お値段によっては丹波牛のローストなども献立に入ります。

赤だしや茶碗蒸しなども合わせて

ご注文いただけますので詳しくは仕出し料理ページを

ご覧ください。

綾部の料亭 ゆう月 法事の仕出し料理 オードブル

◾️オードブル 4,000〜10,000円

通夜振る舞いや精進揚など人数が不確定のお席やお弁当にプラスしてお席をより豪華に彩りたいお客様のためにオードブルをご用意します。

ゆう月ならではの八寸料理からお酒の肴になる枝豆やローストビーフ、お子様にも喜ばれるソーセージやフライドポテトなどご家族で召し上がっていただけるラインナップです。

綾部の料亭 ゆう月 法事の仕出し料理 寿司の盛り合わせ

◾️寿司盛り合わせ 4,000〜10,000円

オードブル同様人数が不確定のお席に最適のお料理です。オードブルと合わせてご注文いただくとより一層お席が華やかになります。

新鮮な魚介はネタに合わせて熟成、昆布締めの一手間を加えて握ります。そのほかにもまき寿司や稲荷寿司、だし巻き玉子などを盛り合わせます

仕出し料理について詳しく見る

由良川(和知川)・美山川の天然鮎を旬の素材とともに堪能できる会席料理「天然鮎会席」|綾部の料亭ゆう月

  • 2018年07月25日
  • 作成者:yuzuki

カテゴリー:料理

厳しい暑さが続く夏にあって、

日本料理の夏の味覚として魅力的な食材のひとつが・・・

鮎です。

綾部の料亭 ゆう月 鮎 天然鮎 由良川

鮎はその特色から多くの別名を持ち、

古くは一年しか生きないことに由来する「年魚」、

食べる餌により川ごとに異なる特有の香りを持つことから呼ばれる「香魚」、

細かい鱗を持つ外観から「細鱗魚」などと呼ばれ、

昔から人々に親しまれています。

また、俳句の世界でも季節により呼び名を変え、

四季折々の季語として使われていることを考えると、

人々の暮らしとその季節感の中に定着した魚であったのでしょう。

かの美食家北大路魯山人も愛した鮎のいる由良川(和知川)美山川

ゆう月でご用意させていただく鮎は

綾部を流れる由良川、

そしてその上流に当たる和知川・美山川の天然鮎です。

ゆう月の鮎の紹介 産地 由良川上流の美山川

ゆう月の鮎の紹介 産地 由良川上流の美山川

由良川は京都府最長の一級河川で、美山の原生林を源とし、

はるか126kmの旅のはて日本海へと注ぎます。

その由良川・美山川は適度な流れと

鮎の餌となるケイソウ類が豊富な岩場を持つ清流で、

鮎の成長に適した環境といわれています。

綾部 ゆう月 鮎産地 美山 かやぶきの里

綾部 ゆう月 鮎産地 美山 かやぶきの里

由良川の上流、南丹市の美山地区は

かやぶきの里としても有名で

奥美山にあるかやぶき屋根の集落は観光名所としても

人気のスポット、

多くの観光客が趣ある里山の景色を求め

訪れています。

そのかやぶきの里のそばを流れる川にも

夏の期間、

鮎釣りをする人々を多く

見ることができます。

ゆう月の鮎の紹介 産地 由良川上流の美山川

ゆう月では鮎料理を食べることのできる2コースをご用意

ゆう月では天然鮎だけを仕入れご提供しています。

そのため月替りでご用意しているおまかせの季節の会席料理の献立に

鮎料理(鮎の塩焼き)は入れておりません。

鮎を食べたいお客様のために

天然鮎会席 8,500円(消費税・サービス料込み)

綾部 ゆう月 鮎会席 由良川 和知川

7月・8月の季節の会席料理「山百合会席」をベースに、

鮎の塩焼き、鮎の天麩羅、鮎飯を入れ、

リーズナブルに鮎料理を楽しみたい方にオススメです。

天然鮎づくし会席 14,000円(消費税・サービス料込み)

綾部 ゆう月 鮎づくし会席 鮎ざんまい

前菜から御飯まで全てのお料理に鮎を使ったコースで、

鮎の塩焼きや天ぷらなどの定番料理に加え、

鮎の洗い(お造り)、鮎の風干し、酢の物など

あらゆるお料理を天然鮎でご用意します。

主な鮎料理

前 菜 

綾部の料亭 ゆう月 前菜 鮎の風干し 鮎料理

前菜には鮎を2品、自家製の風干しと和え物、その他にその日の朝出来たての湯葉と夏の肴を数品盛り込みました。

煮物椀

風干しにした鮎を炙り、皮をむいて綺麗な翡翠色の茄子とともに胡麻豆腐の上にのせ西京味噌で白みそ仕立てにします。

向 附

綾部 ゆう月 鮎会席 鮎の洗い 鮎の背越し

美山産の新鮮な鮎の刺身にし氷水で洗い締めてご用意します。自然のまま「香魚」と呼ばれる鮎本来の香りをお楽しみ下さい。

出汁で割り昆布を漬けた醤油と芥子酢味噌でお召し上がりください。

焼き物

綾部 ゆう月 由良川 鮎の塩焼き

鮎料理の定番、塩焼きは器に塩で川を描き、由良川・美山川を元気に泳ぐ鮎を表現しました。

焚 合 

素焼きにした鮎を八方出汁につけて味を含ませ冬瓜や賀茂茄子など夏野菜とともに盛り合わせます。とろみをつけた吉野餡を冷やしゆずの香りをまとわせてご提供します。

油 物 

ゆう月 夏の料理 鮎料理 鮎の天ぷら

中骨を抜いた鮎に登り串を打ち天麩羅にします。抜いた鮎の中骨は唐揚げにし骨煎餅に、その他季節野菜を天麩羅にして盛り合わせます。ヒマラヤ岩塩と天汁でお召し上がり頂きます。

酢 物

小ぶりの鮎をぶつ切りにして唐揚げにし土佐酢に漬けて南蛮漬けにします。コースの最後にさっぱりと鮎をお召し上がりいただきます。

御 飯 

綾部 ゆう月 鮎会席 鮎飯 炊き込みご飯

美山産の鮎を出汁で炊き上げた御飯です。鮎の香り、ふっくらとした鮎の身、つやつやとした御飯が絶品です。

ご予約と由良川の鮎について

ゆう月では鮎料理について

7月1日から8月31日までの来店のご予約を

年中通して受け付けています。

鮎料理をご注文のお客様に対しても

無料送迎サービスを実施しています。

8,500円の鮎会席は3名様以上、

14,000円の鮎づくし会席は2名様以上という、

少人数から無料の送迎サービスいたします。

ぜひご活用ください。

<鮎についてのリンク>

ゆう月公式サイト 鮎料理のページ

綾部市観光協会サイト 鮎ページ

綾部市観光協会サイト あやべ山家観光やな漁ページ

由良川漁業協同組合サイト

京丹波町サイト 和知川漁協釣り場案内ページ

京丹波町観光協会サイト

美山漁業協同組合サイト

暑さ厳しい日本の夏に里山の涼を求めて食す会席料理、暑気払いやお盆にご家族で「山百合会席」|綾部の料亭ゆう月

  • 2018年07月20日
  • 作成者:yuzuki

カテゴリー:料理

綾部の料亭 ゆう月 夏の会席料理 お盆

夏休みに入るとお祭りやお盆などの機会に

遠方より帰省して家族や地域で集まる機会が多くなります。

おじいちゃんおばあちゃんから小さなお子様まで一同に会する貴重なお時間に

ゆう月でご家族だけのプライベート空間をご提供します。

お座敷、個室を完備し、

テーブル席も1スペースに1組限定の半個室空間で

お食事をしていただけます。

お子様・赤ちゃんがいても安心の設備を整えております

綾部の料亭 ゆう月 お席 お子様用 子供 赤ちゃん ベビーラック

赤ちゃんがいるご家族にも安心してゆっくりお食事いただけるように

赤ちゃんを寝かせておくことのできる

ベビーラックをご用意しています。

また、お座敷ご利用の方で正座が困難なお客様のために正座椅子もご用意しています。

ご家族でのかけがえのないお時間をお手伝いいたします。

暑い夏にも食欲そそる会席料理をご用意します

どうしても食欲が落ちがちなこの時期、

2018年の夏は梅雨明けも早く7月入ってすぐに厳しい暑さが続いています。

少しずつゆっくり召し上がっていただく会席料理は

こんな時期にもぴったりなんではないでしょうか。


内容も旬の鱧料理から始まり、

すっきりとした甘味のお椀や味わい豊かなお造り、

夏を感じられる組肴や涼しげな焚き合わせなどを経て、

食べ応えのある賀茂茄子とエビを使った天麩羅をご用意しています。

ご提供順位ご紹介していますので動画も合わせてご覧ください。

先付

綾部の料亭 ゆう月 夏の会席料理 お盆 鱧 ハモ落とし

鱧の焼き霜落とし 梅雲丹ソース

旬の鱧を骨切りし炙って焼き霜仕立てに仕上げます。

鱧にかけるソースは生うにと梅肉を和え酸味の中にほのかにウニの香る

味わいに仕上げました。

煮物椀

綾部の料亭 ゆう月 夏の会席料理 お盆 胡麻豆腐 白味噌

翡翠茄子と胡麻豆腐の白味噌仕立て

胡麻と葛粉をしっかりと練った胡麻豆腐を椀種に

京都の西京味噌でお椀をご用意します。

ナスの皮を剥いて涼しげな翡翠色にし

胡麻豆腐の上に添えて季節感を演出しました。

向附

綾部の料亭 ゆう月 夏の会席料理 お盆 真鯛の松皮造り

真鯛の昆布締め焼き霜造り 間八 帆立貝柱の湯霜仕立て

真鯛は皮を炙って昆布締めで熟成させ、

ホタテの貝柱は湯通しし、寝かせた間八はと共に盛り合わせます。

昆布を漬けてとろみのついた醤油と淡路島の藻塩を添えてお出しします。

組肴

綾部の料亭 ゆう月 夏の会席料理 お盆 八幡巻き 鰻巻き玉子

穴子の八幡巻き 酢取り茗荷 川エビの唐揚げ

鰻巻き玉子 山桃の甘露煮 もずく酢 黒豆の枝豆

穴子でごぼうを巻いた八幡巻きをメインに

旬のお料理を白い涼しげなお皿の上に組み合わせました。

夏だからこその一皿をどうぞ。

焚合

綾部の料亭 ゆう月 夏の会席料理 お盆 煮物 カモ

夏鴨有馬蒸し 冬瓜含め煮 絹さやの含め煮

小芋の白煮 針人参  冷やし銀餡掛け

鴨のロース肉を実山椒で作ったタレにつけて

低温で蒸し柔らかく仕上げます。

他に里芋、東岸、絹さや、人参をそれぞれ鰹昆布のだしで炊き

盛り合わせて冷やした吉野餡を掛けて仕上げます。

油物

綾部の料亭 ゆう月 夏の会席料理 お盆 賀茂茄子 天ぷら

叩きエビと賀茂茄子の博多揚げ ヒマラヤ岩塩

蓮根せんべい おおぎ丸十 青唐 

スライスした賀茂茄子で荒く叩いたエビをたっぷり挟み、

じっくり時間をかけて揚げます。

それにより衣はサクサク、中のエビは蒸されてしっとり、

味わい豊かに仕上がります。

スタッフにも好評で献立に組み込んだ一品です。

酢物

綾部の料亭 ゆう月 夏の会席料理 お盆 鰆 土佐酢餡掛け

鰆と釜揚げ湯葉の唐揚げ 土佐酢餡掛け

舞鶴港より届く鰆とゆう月のすぐ近所で作られる生湯葉を唐揚げにし、

土佐酢を温めくず粉を入れて餡にし温かな酢物を用意します。

御飯

綾部の料亭 ゆう月 夏の会席料理 お盆 穴子 炊き込みご飯

留椀 八丁味噌仕立て

ご飯 穴子と牛蒡の炊き込み御飯

香の物 三種盛り合わせ

煮込んだ穴子とささがきゴボウを入れて鰹昆布の出汁で炊き込みます。

穴子の味わいとゴボウの素朴な旨味が

上林産の京都米と三位一体の美味しさを仕上げます。

水菓子

綾部の料亭 ゆう月 夏の会席料理 お盆 ロールケーキ

黒豆と和三盆のゆう月ロール

季節の果物添え 柑橘ジュレ

ゆう月の定番ロールケーキは魚沼産コシヒカリの米粉と

和三盆糖を使って生地を作ります。

黒蜜のコクとほのかに香るラム酒の香りが上品な仕上がりです。

公式サイト「山百合会席」のページへはこちら

「京都舞鶴 ARIYOSHI」(有吉)港町舞鶴で美味しい会席料理とお酒を楽しめる銘店

  • 2018年06月30日
  • 作成者:yuzuki

カテゴリー:近隣のオススメスポット

京都府の北部、日本海に面した港町、舞鶴市。

魚介を中心に美味しい料理を食べることのできる店がたくさんある中、

安定して美味しい和食をコース仕立てで食べさせてくれる

お店をご紹介します。

「京都舞鶴  ARIYOSHI」(有吉)

同じ料理人として、食が好きな者として、

そしていちファンとして、

何度も食べに行きたいと思えるお店です。

東舞鶴の駅から少し西へ外れた線路の高架沿い

桃山町にあるウィズビルという商業ビルの2階に店を構えています。

お店の入り口はこんな感じです。

京都 舞鶴 ARIYOSHI 有吉 割烹 日本料理

店内はカウンター約10席とテーブル席が1つ

この席数にもご主人の料理に対するこだわりが現れています。

このARIYOSHIさんはご主人と女将さんの

2人で切り盛りされているお店で

夜のお食事のみの営業でされています。

舞鶴で生まれ育ったご主人は

大阪で修行を重ねたのちに

飛騨高山の高級旅館で料理長として

長年腕をふるっておられました。

その後、地元舞鶴に戻り、

準備期間を経て「京都舞鶴 ARIYOSHI」をオープン

現在に至るそうです。

お料理はカウンター割烹で提供されるおまかせの会席料理

さて、この店についてご紹介したい部分は多数ありますが、

やはりは肝心のお料理をまずはご覧いただきましょう。

6月にお邪魔した時に召し上がった

初夏のお料理です。

京都 舞鶴 ARIYOSHI 有吉 割烹 日本料理

先付けの茶ぶりなまこ

コリコリの食感と淡いちり酢がコースの始まりにぴったりです

新玉ねぎのお吸い物

出汁の美味しさ玉ねぎの甘味がシンプルだからこそ

仕事の丁寧さを感じさせてくれます

京都 舞鶴 ARIYOSHI 有吉 割烹 日本料理

お造りはたっぷりと4種類

新鮮でなければ食べられない鰆の炙りやサーモンのネギ巻きなどを

塩や泡醤油で食べます

京都 舞鶴 ARIYOSHI 有吉 割烹 日本料理

2種類のお寿司

器で出される蒸し寿司と握り寿し、

握りは店主が握ったものをそのまま手渡しで提供してくれます。

作り手から食べ手へ、時間も余分な手も一切介さず

最高の状態で提供する寿しの奥深さを感じることができます。

そこに感銘を受けすぎて握りの写真を撮らずに

すぐに口へ運んでしましましたが。笑

京都 舞鶴 ARIYOSHI 有吉 割烹 日本料理

肉料理は合鴨のロースト 備長炭で炙られた一品

まず鴨肉の柔らかさに驚かされます。

そしてそのままでも噛むほどに溢れ出る旨味を感じられ、

ソースとの相性も抜群でした。

ヒラマサ唐揚げ 甘酢餡掛け

お食事前に酒肴を占める酢の物は温かく優しく口と胃を整えてくれます。

京都 舞鶴 ARIYOSHI 有吉 割烹 日本料理

ご飯は土鍋で炊かれた炊き込みご飯

今回は古代米を使ってじゃこの有馬煮と炊き込まれていました。

有馬煮とは山椒の実で炊いた佃煮のこと、

有馬が山椒の産地であることからついた名です。

炊きたてのご飯は蓋を開けただけで山椒のいい香りが店内に・・・

いや、私が座っている席が土鍋の目の前だったからかな?

特等席でした。

でもご安心を、ご主人がお客様一人一人に

土鍋の中を見せてくれるパフォーマンスをしてくれます。

この時により一層山椒の香りを感じることができました。

1杯目はお茶碗に少しずつ盛られ薬味を添えて、

お代わりをすることを前提に提供してくれます。

2杯目はお茶漬けを用意してくれます。

温かい出汁をかけてまた1杯目と異なった味わいを感じられます。

その後、土鍋がなくなるまでおかわり自由で提供してくれます。

京都 舞鶴 ARIYOSHI 有吉 割烹 日本料理

デザートは黒ごまのパンナコッタ

甘さ控えめで食後にするっと入る一品でした。

どのお料理も確かな腕で丁寧に作られたことが見て取れる

本当に満足度の高いお料理です。

ゆっくりと時間をかけて提供してくれるため

連れの方との会話やお酒をじっくりと楽しむことができます。

お酒といえば、

もちろん多種多様なお飲物が揃っていますが、

私が特にオススメするのは、

「きき酒3種」

厳選した珍しい銘柄のお酒の中からお好みの物を3品選んで

切子などのグラスに少しずつ入れてくれます。

自分の好みの味を見つけることもできますし、

味わいの違いを感じるのも楽しみ方の一つです。

京都 舞鶴 ARIYOSHI 有吉 割烹 日本料理

いい料理を提供するためのこだわりは店の作り方に現れています

有吉さんで予約できるお料理はおまかせのコース料理で

6,000円から金額違いを複数ご用意しています。

各日の最初のご予約のお客様が金額を選べるようで

すでの予約が入っている日に予約をする場合は

最初に予約を入れたお客様の金額に合わせるというシステムです。

予約時間も同様で18:00 18:30 19:00スタートを

各日最初の予約のお客様が選べるシステムで以降のお客様は

それに合わせるということのようです。

そのため、希望の時間、希望の金額を指定したい場合は

まだ予約の入っていない日を指定する必要があります。

一見、お客様にとっては不便なシステムのように

思えるかもしれません。

しかし、同じ料理人として考えると

このシステムは何よりもお客様のことを考えた方法だと思います。

この方法で営業されているところに

有吉のご主人を女将さんのおもてなしの心を汲み取ることができます。

用意する料理を一緒にし、時間を同時にすることで

かかる手間を最小限に抑えて

その分をよりいい料理を作ることに当てる!!

それが有吉さんのお客様に対する誠意なんでしょう。

まだ行ったことのない方、実は気になっていたという方、

ぜひ一度行って見てください。

きっとご満足いただけることと思います。

京都舞鶴 ARIYOSHI について

完全予約制

  住所:〒625-0060 京都府舞鶴市桃山町42 ウィズビル 2F

  電話:0773-77-5205

営業時間:18:00

駐車場あり

公式ウェブサイト http://ariyoshi.favy.jp/

Facebookページ https://www.facebook.com/higashimaiduru.kuroro

1 / 41234

PAGETOP