綾部の料亭 ゆう月。各種宴会「新年会・忘年会・同窓会・披露宴・法事」などに御利用ください。
綾部市・福知山市・舞鶴市は無料送迎いたします。

0773-44-0818営業時間:11:30~15:00/18:00~22:00
受付時間:10:00~22:00

MENU

ご予約

0773-44-0818

営業時間:11:30~15:00/18:00~22:00
受付時間:10:00~22:00

ご予約・お問い合わせ

松葉カニ 丹波牛 寒ヒラメ ウニ 本鮪 京野菜 冬の食材が勢揃い|綾部の料亭ゆう月

松葉カニ 丹波牛 寒ヒラメ ウニ 本鮪 京野菜 冬の食材が勢揃い|綾部の料亭ゆう月

  • 2019年01月29日
  • 作成者:yuzuki

カテゴリー:料理

「蟹料理をコースに入れてください!!」

という注文をいただき通常提供している会席料理とは別に

献立を組みました。

やはり、京都府北部を含む山陰地方にあって

冬の蟹料理といえば・・・

綾部の料亭 ゆう月 松葉カニ タグ付き 津居山漁港

「松葉がに」

ですね!!

料亭 ゆう月のある綾部市も港町舞鶴市の南隣に位置し

日本海まで車でわずか30分、

新鮮な日本海の幸が直に入ってきます。

もちろん、通常提供の会席料理でも蟹料理は入っていますが、

今回のお客様の予算はお一人12,000円、

ということで、

兵庫県豊岡市の津居山漁港水揚げの

松葉蟹を生きたまま仕入れました。

綾部の料亭 ゆう月 松葉カニ タグ付き 津居山漁港

お客様の希望が蟹刺しと焼きガニ、

ということで用意し、

さらに残ったところを酒蒸しに・・・

味噌を取り出し、

腹の部分は身をほぐし、

炊きあがりの蟹めしに混ぜ合わせて蟹の香り満載の

蟹めしをつくりました。

十分にご予算をいただいていたので、

松葉がに以外にもいい日本海の幸、京都の地場産素材をご用意。

真鯛とヒラメ

綾部の料亭 ゆう月 冬の食材 ヒラメ 昆布締め

味わいの強い素材が他に多くあったので

淡白な白身の魚を加えました。

真鯛はふっくら蒸しあげた後川を炙って香りを加え

綾部産の出来立て湯葉と共に

清まし仕立てのお椀に、

ヒラメは昆布締めにして蟹刺しに添えました。

本鮪(クロマグロ)

綾部の料亭ゆう月 食材 本鮪

ヒラメと共にお造り盛り合わせ、

彩りでも味でもアクセントを加えました。

丹波牛(ハネシタ)

綾部の料亭 ゆう月 丹波牛 ハネシタ ステーキ

希少部位で肩ロースの一部であばら骨の方へ続く部分です。

肩ロースの中でも一番霜降りが多く入っている部分で、

ゆう月では会席料理の肉料理として

一口カットのステーキなどで使用します。

雲丹

綾部の料亭 ゆう月 会席料理の食材 北海道産 ウニ

北海道根室産のウニです。

今回のご予約ではお一人、

蟹アレルギーのお客様がいらしたので

その方にはほぼほぼ完全別料理をご用意しました。

その方に蟹刺しの代わりにご用意したのが

このウニです。

小付けの器にたっぷりウニをいれて

お召し上がりいただきました。

その他にも全員の酢の物に貝と一緒に合わせて

お出ししました。

花菜

綾部の料亭 ゆう月 冬の京野菜 花菜 菜の花

京の伝統野菜にも指定されている花菜は

これから春にかけて重宝する素材ですね。

彩りの良さ、春らしさ、いろんな素材に合う、

と、コースに一品二品入れたい

冬春の万能素材です。

それでいてほろ苦さの存在感も主張する・・・

今日の伝統野菜といえば、

よく耳にする「京野菜」のことですね!

京都府内で古くから生産され続けている野菜として

京都府が選定している野菜を言います。

有名なところでは、

夏なら「賀茂茄子」「万願寺とうがらし」など

冬なら「聖護院かぶら」「海老芋」など

ゆう月は「旬の京野菜提供店」の認定を受けており、

その時期にはほぼ必ず使う素材です。

忘年会や和のクリスマスディナーに会席料理を、カニや寒ブリ、冬の京野菜を味わえます|柊会席|綾部の料亭ゆう月

  • 2018年12月13日
  • 作成者:yuzuki

カテゴリー:料理

忘年会は送迎付きでゆう月へ会席料理を食べにきませんか?

庭の紅葉も終わり

すっかりと冬の装いとなりました。

綾部の料亭 ゆう月の冬の庭園

枝だけになって少し寂しい庭園の中でも

垣根に山茶花や椿の花が白、赤、ピンクの華やかさを見せています。

12月の中頃から後半には初雪が庭を白く染める、

毎年そんな光景を見ることができます。

綾部市でも郊外の里山にあるゆう月、

近くを通る府道からは少し外れて細い道を山に向かって

走らなければならない、

普段通らない道では少し不安を感じる人もいますね!

まして、雪でもふればなおさら!!

雪道も安心の無料送迎サービス

ご安心ください。

ゆう月では無料の送迎サービスをご用意しており、

お料理の金額によっても変わりますが、

会席料理で4,5名様から

別館の鍋料理 宴会プランでも6,000円のプランで5名様から

一番リーズナブルな飲み放題込み5,000円のプランでも7名様から

ご希望の場所へお迎え、お送りさせていただきます。

送迎地域や時間に多少の条件もありますが、

近隣のお店の送迎サービスと比べても

お客様のご希望に多く答えられる方だと思いますので、

ぜひお電話、LINEでご相談ください。

これからの冬の間、

「大雪が降ったら送迎してもらえないんですか?」

そんなお問い合わせをいただきます。

しかし、

創業以来13年の間の経験上、

大雪でお客様をお迎えに行けなかったことは一度もなく、

むしろ、雪道だからこそプロのドライバーにより、

お客様は安全にゆう月へとお越しいただくことができます。

ぜひ、送迎サービスを利用し、

雪景色の庭園を望む暖かなお席でゆう月のお料理を

お楽しみください。

器を彩る素材は秋から冬へと移ります

12月に入りお料理もすっかりと冬の食材へと変わってきています。

魚はブリやカニといった冬の代表的な食材へ、

野菜は聖護院かぶらや京菊菜など冬の寒さが旨味に変わる冬の京野菜、

そして、お肉料理は合鴨と地元綾部の自然で育った上林鶏、

いろんな食材をバランスよく食べられる

会席料理です。

柊会席 5,900円(消費税・サービス料込)

綾部の料亭 ゆう月 12月の会席料理 忘年会用

前菜

綾部の料亭 ゆう月 12月の会席料理 忘年会用 前菜 菊花かぶら 黒豆

丹波牛と九条葱の黄身酢和え 海老芋田楽

黒豆松葉作り 蟹の奉書巻き 菊花かぶら

丹波牛と九条ねぎ、京都の食材を合わせて濃厚な黄身酢で和えました。

含め煮にした海老芋は唐揚げにして西京味噌をかけ、かぶらは細工して甘酢に漬け菊花かぶらにしました。京野菜満載の前菜をご用意します。

煮物椀

綾部の料亭 ゆう月 12月の会席料理 忘年会用 お吸い物お吸い物 鴨

合鴨と焼き豆腐のハリハリ仕立て

特製のタレに漬けて蒸した合鴨のロースと綾部産の焼き豆腐を合わせ澄し汁と共にシャキシャキの水菜をかけてご提供します。

御造里

綾部の料亭 ゆう月 12月の会席料理 忘年会用 お造り ブリの刺身 甘海老

寒鰤の平造り 紋甲烏賊扇造り 甘えび洗い

雪見けん盛り 芽物一式

脂ののった寒ブリと肉厚で甘みの強い紋甲烏賊、山陰産の甘エビを盛り合わせ、白くきれいに積もった初雪を見立てたけん添えました。

焼き物

綾部の料亭 ゆう月 12月の会席料理 忘年会用 焼き物 上林鶏 味噌漬け

上林鶏の西京焼き  柚子の香り

雪輪蓮根 小女子の胡桃和え

地元綾部で平飼いされた上林鶏のもも肉を西京味噌に2日間漬け込んで炙り焼きにします。雪輪の形に細工した蓮根の酢漬けを添えてご提供します。

蒸し物

綾部の料亭 ゆう月 12月の会席料理 忘年会用 蒸し物 かぶら蒸し 紅ずわい蟹

紅ずわい蟹の蕪蒸し わさび添え

紅ずわい蟹の身をたっぷりと使って冬の伝統京料理のかぶら蒸しをご用意します。使うかぶらも京野菜の聖護院かぶらです。

油物

綾部の料亭 ゆう月 12月の会席料理 忘年会用 牡蠣の天ぷら

牡蠣の香り揚げ ヒマラヤ岩塩

厚切丸十 ししとう

大ぶりの牡蠣を大葉で包んで天ぷらにしました。シンプルながら牡蠣の濃厚な味わいに爽やかな紫蘇の葉の香りがよく合います。

酢乃物

綾部の料亭 ゆう月 12月の会席料理 忘年会用 酢の物 鯛の昆布締め

炙り真鯛のそぎ造り 和香草まぶし

酢取り茗荷 生姜酢

真鯛の皮を炙って松皮に仕立て、昆布で挟んで昆布締めにします。それをそぎ造りにして盛り、生姜を加えた土佐酢のジュレをかけてご提供します。

御飯 留椀 香乃物

綾部の料亭 ゆう月 12月の会席料理 忘年会用 ご飯 かにめし

ずわい蟹の炊き込み御飯 八丁味噌仕立て

ずわい蟹を殻ごとご飯とともに炊き蟹の旨味をご飯に移します。炊きあがりの蟹を祝ぎしてご飯と混ぜ合わせ蟹味噌を味のアクセントに加えて仕上げます。

水菓子

綾部の料亭 ゆう月 12月の会席料理 忘年会用 スイーツ ロールケーキ

ロールケーキ オレンジのジュレ

上林鶏の養鶏農家から仕入れた玉子と上品な甘みの和三盆、魚沼産コシヒカリの米粉を使用した特製のロールケーキです。

冬の日本海、山陰の王様、松葉ガニを使った贅沢なご飯|綾部の料亭ゆう月

  • 2018年12月12日
  • 作成者:yuzuki

カテゴリー:料理

綾部の料亭 ゆう月 蟹会席で使う松葉蟹

冬の特別な一品です。

「松葉蟹の炊き込みご飯」

11月の漁解禁から2月まで冬の間、

ゆう月の本館で用意している

「蟹づくし会席」14,000円(税サ込)

でのみ食べられる贅沢なご飯です。

仕入れる松葉ガニは綾部市の隣の港町舞鶴のものや、

その他兵庫県の豊岡市の津居山港や香美町の柴山港の

松葉蟹を主に使います。

まずお米は・・・

綾部の料亭 ゆう月 海の京都 綾部むすび お米

綾部むすび参加店でもあるゆう月はもちろん綾部産のお米です。

綾部の料亭 ゆう月 蟹会席で使う松葉蟹

綾部の料亭 ゆう月 蟹味噌と身

土鍋にお米、出汁、醤油、みりんを入れ

蟹のいいダシが出る殻を一緒に入れて炊きます。

そうすることで蟹の旨味だけがお米にしっかりと染み込むんですね!

蟹の身は一緒に炊くと固くなってしまうので別に用意します。

では、その身の用意です。

綾部の料亭 ゆう月の蟹飯 土鍋炊き

綾部の料亭 ゆう月 蟹ご飯の甲羅炙り

生きたままの新鮮な松葉蟹を丸ごと酒蒸しにします。

ミソを取り出し甲羅に入れ

身をほぐして合わせます。

その甲羅を直火で温める程度炙って香ばしさを加え、

そのまま炊き上がりのご飯に混ぜ合わせます。

綾部の料亭 ゆう月 かにめし

綾部の料亭 ゆう月 かにめし

蟹の甘み、濃厚な味わいに香ばしさもプラスした贅沢な蟹飯の完成です。

ゆう月の蟹会席のご飯

>蟹ずくし会席について詳しく見る

海の京都 綾部むすび。綾部の美味しいお米を食べる!|おむすびかいせき|綾部の料亭ゆう月

  • 2018年11月29日
  • 作成者:yuzuki

カテゴリー:料理, 綾部市について

綾部むすびって?

豊かな自然が残る綾部では稲作が盛んで、
市街地から郊外まで美味しいお米を提供する飲食店が点在し、
近年では米作りをはじめとする農業体験ができる農家民宿が
国内外のお客様を多くお迎えしています。

一粒ずつの農家・飲食店・農家民宿が協力し、
まさに「おむすび」となって
綾部の安全で美味しいお米をみなさまにご提供する。

それが綾部むすびです。

なぜ、綾部でおむすびを?

綾部の料亭 ゆう月 海の京都 綾部むすび 水源の里

日本海・若狭湾に面する京都府の北部
7市町で構成される「海の京都」の一つである綾部市は
隣の福知山市と同じく海に面してはおりませんが、
その分豊かな里山の自然が多く残り、
丹波高地から日本海へと注ぐ由良川を中心に
米作りが盛んにおこなわれてきました。

肥沃な土壌と澄んだ空気、
海抜が高く中山間地域であるがための朝夕の寒暖差が
よりお米を上質なものに作り上げてくれます。

綾部の料亭 ゆう月 海の京都 綾部むすび 対象飲食店

そんなお米を使って
市内17件の飲食店がそれぞれのこだわりと愛情を込めて唯一無二の
おむすびを作り日々ご提供しています。
どのお店に行っても異なった「綾部むすび」をお召し上がりいただけます。

対象の店舗は割烹のお店や居酒屋から、焼肉店、スイーツ&バルのお店、
温泉、人気のうどん店まで多岐にわたります。
ぜひいろんなお店の「綾部むすび」をどうぞ!!

綾部の料亭 ゆう月 綾部むすびのブログ 農家民宿の画像

また、
食べるだけじゃなくぜひおむすびむすびを体験したい・・・
という方、
綾部には多くの農家民宿があり、
9件の民宿で実際に体験することができます。

おむすびを作る体験の他にも、農園での収穫体験や染物体験ができたり、
ピザ窯で焼いたピザが食べられる民宿や猪鍋が食べられる民宿など
それぞれに特色のある農家民宿があります。

綾部の料亭 ゆう月 海の京都 綾部むすび お米

さらに、
そんな美味しい綾部のお米をぜひ家でも食べたい、
という方のために6件の綾部の農家から
直接綾部のお米を購入もできます。

京都府内産の優れたお米を選ぶ「今日のプレミアム米コンテスト」で
金賞を受賞した農家など綾部市内6件の農家が綾部むすびの対象農家として
綾部のお米を直接購入することができます。

綾部に訪れ、料理人の作る「綾部むすび」食べ、
また民宿で「綾部むすび」を体験し、
日々の食卓でも綾部のお米を食べる。
綾部でしか経験できない「綾部むすび」を
いろんな季節、いろんなお店でお楽しみください。

ゆう月のお米

綾部の料亭 ゆう月 海の京都 綾部むすび 稲穂

ゆう月のお米は綾部市の東部、
福井県との県境にほど近い山あいの地域、
上林と呼ばれる地域にある料理長の実家で作られています。

ゆう月専用の水田を用意し、
水源の里から流れる山水を直接引き入れて
綺麗な水によって育てています。

ゆう月の綾部むすび「おむすびかいせき」

綾部の料亭 ゆう月 海の京都 綾部むすび おむすびかいせき 会席料理

ゆう月は完全予約制、コース料理を専門にお客様をお迎えしているため
おむすび単品でお客様に召し上がっていただくことができません。

そのためこの「綾部むすび」をご提供するために
ゆう月が創業当初から唯一変わらずご提供している
ランチコース「季節の花籠膳」
をアレンジし「おむすびかいせき」を作りました。

綾部の料亭 ゆう月 海の京都 綾部むすび 季節料理

綾部の料亭 ゆう月 海の京都 綾部むすび 土鍋ご飯

第一のお料理はお刺身や和え物、酢の物など5品と
炊きたての小さなおむすびを職人手作りの竹籠に盛り合わせ
ゆう月自慢の庭園に季節ごとに咲くお花を一輪添えて
ご提供します。

最初の小さなおむすびは茶懐石のお膳を模して一口盛り、
「お客様の起こしを待ちかねていたこころ」を表わしています。

その後、旬の温かなお料理を順にお出しし、
最後に炊きたての塩おむすびをご用意します。

綾部の料亭 ゆう月 海の京都 綾部むすび おむすび

ゆう月の「綾部むすび」はシンプルに塩おむすびをご用意します。
炊いたご飯そのままでも美味しい綾部のお米、
ぜひそれを知っていただきたいのです。

さらにご飯のお供に、
自家炊きのちりめん山椒
和木梅の梅干し
小畑の味噌
京漬物 すぐき菜
など、綾部の特産、京都の漬物を添えていますので、
塩おむすびにつけて一口ごとに味を変えてお食べいただきます。
最後の一口までいろんな味をお楽しみいただけます。

綾部むすびが”食べられる” ”体験できる” ”知れる”

綾部むすび公式サイト >詳しく見る

《綾部むすびが食べられる飲食店》

DINNG 和’s   「かしわめし・鮭・昆布・梅・明太子のおむすび」各300

串カツ鳥飼笑店  「ふっくら優しいおむすび」250

和食竹扇  「季節の食材を三種むすんだ大きめのおむすび」450

竹松うどん店  「田舎風景が目に浮かぶ優しい味のおむすび」120

焼肉の花山  「小さなおむすび6個」550

綾部ふれあい牧場ハイジのキッチン  「ハイジのキッチンおむすび」200

海鮮居酒屋ふじ田  「ふじ田の綾部むすび」500

地産地笑プラスα ひと粒  「口に入れるとふわりと解けるおむすび」100

スイーツ&バルパティシエ・ノリ  「パティシエがつくるおむすび」500

居酒屋のんべえ  「一席二鳥おむすび」480

めん処つる吉「シンプルだが王道のおむすび」  150

スイーツ&バルカフェ・ノリ  「緑のむすび」500

美肌の湯あやべ温泉  「二王の縁結び定食」1,200

魚菜酒房あず木  「黒峰シャモの綾部むすび」500

DINING Matsui  DINING Matsuのおむすび」280

味しるべ盾  「海老天むすび」500

料亭ゆう月  「おむすびかいせき」4,100

綾部市観光協会サイト 飲食店ページ >詳しく見る

《綾部むすびが体験できる農家民宿》

里山ゲストハウスクチュール 電話:0773-21-6745   公式サイト

農家民宿ぽかぽかのうえん 電話:0773-21-4188   公式サイト

農家民宿ぼっかって 電話:090-4491-3290   Facebookページ

農家民宿イワンの里 電話:0773-21-1648   公式サイト

農家民宿手紙の木の家 電話:0773-21-2069   観光協会サイトページ

農家民宿民泊さくら 電話:0773-49-1512   観光協会サイトページ

農家民宿水田家の食卓 電話:090-7117-9068   公式サイト

農家民宿健ちゃん村 電話:090-6907-7017   観光協会サイトページ

農家民宿芳兵衛 電話:0773-45-1862   観光協会サイトページ

《綾部のお米を買える農家》

アグリテック いかる 電話:0773-48-0606

米農家森本ファーム 電話:0773-42-4729   公式サイト

米農家かんばやし★清水農場 電話:090-8934-1228

米農家 丹波西山 電話:0773-47-0576   公式サイト

米農家 丹州 河北農園 電話:0773-42-4724   Facebookページ

米農家井上吉夫 公式サイト

綾部の自然が育む味わい豊かな上林鶏 旨味を凝縮した素朴な味わいのすき焼き|別館 鍋料理|綾部の料亭ゆう月

  • 2018年11月22日
  • 作成者:yuzuki

カテゴリー:料理

綾部の料亭 ゆう月 別館 鍋料理 ビアガーデン

綾部の料亭 ゆう月 別館 座席

夏には生ビールと丹波牛などのバーベキュー料理を楽しめる別館で

秋から春にかけて鍋料理をご提供しています。

薪ストーブの暖かさの中で庭園を一望できるお席を1フロアに50席用意し、

少人数のグループから職場の宴会などのような大人数のご予約まで

承っています。

綾部の料亭 ゆう月 別館 薪ストーブ

窓の外に広がるゆう月自慢の庭園は

秋にはもみじ、ドウダンツツジなどの紅葉が、

冬には一面に降り積もる雪景色が、

春には芽吹き始めた樹々とともに淡い色の桜が、

それぞれ四季折々の日本の原風景を見せてくれます。

また夜になると、

木々に点在する可愛らしいイルミネーションが

幻想的な景色を作り出します。

会席料理を提供するお座敷とは異なり、

靴を脱がずに入れるデッキスタイルのフロアで

カジュアルのお料理をお楽しみいただけます。

お食事の途中で

そのまま庭散策へと出ることもでき、

庭の広場の中に配置したテーブルで夕涼み、

紅葉や桜鑑賞など

風情のある時間を暖かなお料理とともに

楽しむことができます。

バラエティ豊かな鍋料理を選べる宴会プラン

綾部の料亭 ゆう月 鍋料理 ぼたん鍋 忘年会 送別会

ゆう月では忘年会や新年会、送別会、歓迎会と続く秋から冬、春にかけて

2時間の飲み放題込みで5,000円と6,000円の宴会プラン鍋料理をご用意しています。

宴会プラン 和 5,000

  前菜 鍋料理 シメ + 飲み放題

宴会プラン 彩 6,000

  前菜 鍋料理 御造り 小鉢 シメ  + 飲み放題

5,000円のプランは鍋料理と飲み放題のみのプランで、

6,000円のプランは鍋料理に加えサイドメニューとして二種盛りのお造りと

地元綾部産の湯葉を使った小鉢料理をお出しします。

どちらのプランもバラエティ豊かな6種類の鍋の中からお選び頂けます。

お鍋のラインナップは

  1. 上林鶏のすき焼き  〆 うどん
  2. 寒ブリのしゃぶしゃぶ  〆 うどん
  3. 京丹波高原豚のしゃぶしゃぶ  〆 うどん
  4. 上林鶏のつみれ味噌鍋  〆 月見うどん
  5. 海鮮寄せ鍋  〆 雑炊
  6. 真鯛のうにしゃぶ鍋  〆 雑炊

肉系のお鍋を3種類、魚介のお鍋を3種類それぞれごラインナップし、

あっさりした鍋からしっかりとした味わいの鍋まで

幅広く取り揃えお客様の好みに合わせてお選び頂けます。

また、6名以上のご予約では2種類まで選んでいただけ、

1組のお客様の中でも好みに分けることができたり、

全員でそれぞれ2種類のお鍋を食べていただくこともできます。

懐かしさを感じる旨味たっぷりの上林鶏のすき焼き

綾部の料亭 ゆう月 鍋料理 上林鶏のすき焼き 忘年会 送別会

綾部市の東部にある上林地区、山の谷間に上林川が流れ、

夏には上質な鮎が捕れることでも有名です。

きれいな山水、空気の中で地飼いされた上質の鶏が「上林鶏」です。

その上林鶏のみを使用したすき焼きをご用意します。

綾部の料亭 ゆう月 鍋料理 上林鶏のすき焼き 忘年会 送別会

綾部の料亭 ゆう月 鍋料理 上林鶏のすき焼き 忘年会 送別会

メインのもも肉は皮面を炙り香ばしさをまとわせスライスし、

柔らかな肉の食感をお楽しみいただけます。

ブツ切りにしたモモ肉は弾力のある食感と噛むほどの味わえる旨味を堪能できます。

十分に出たすき焼きの煮汁で煮込むつくねはフワフワの食感とごぼうの素朴な味わい、

生姜の香りが味にアクセントを加えてくれます。

 –綾部の料亭 ゆう月 鍋料理 上林鶏のすき焼き 鍋野菜 忘年会 送別会

合わせる野菜はすき焼きの定番鍋野菜の白菜や玉ねぎ、きのこ、糸こんにゃくに加え、

京野菜の京菊菜や地元綾部産の出来立て焼き豆腐を揃えます。

味付けの要の割り下には、

厳選した醤油とみりん、酒、砂糖を合わせ上林鶏のガラを加えて煮込み

鶏の旨味の加わった割り下のベースを作ります。

それとは別に4時間かけて和風の鶏ガラスープをとり、

ベースの割り下と鶏ガラスープを合わせて特製上林鶏のすき焼き用割り下をご用意します。

玉子ももちろん上林鶏の養鶏農家から仕入れた玉子をご用意します。

綾部の料亭 ゆう月 鍋料理 上林鶏のすき焼き 忘年会 送別会

宴会プランで一番人気の上林鶏のすき焼きをぜひご賞味ください。

冬の日本海の味覚。山陰の松葉カニ ズワイガニを堪能できる鍋料理と会席料理|綾部の料亭ゆう月

  • 2018年11月14日
  • 作成者:yuzuki

カテゴリー:料理

綾部の料亭 ゆう月 冬の料理 ズワイガニ 松葉がに 蟹鍋

「寒なってきたし、蟹でも食べたいなぁ。」

116日の漁解禁後、

寒さが増すごとにそんな声をよく聞きます。

実際、11月後半から12月にかけて

カニ鍋や会席料理の予約が多くなり12月後半、

年末の締めくくりにとご予約される方が多くなります。

年を追うごとにカニ料理のご予約が多くなるため

今シーズンより12月末までだったカニ料理のご提供を

2月まで延長することになりました。

様々な呼び名が付き愛される冬の味覚

綾部の料亭 ゆう月 冬の料理 ズワイガニ 松葉がに 蟹鍋

日本海のズワイガニ漁が解禁し

いよいよ日本海の冬の味覚を堪能できるシーズンを迎えます。

正式にはずわいカニと呼ばれ、

水揚げされた地域によって様々な呼び方に変わるのも

このずわいカニの特徴です。

綾部の料亭 ゆう月 冬の料理 ズワイガニ 松葉がに 蟹鍋

「松葉カニ」

京都府・兵庫県・鳥取県・島根県の漁港で水揚げされたオスのずわい蟹の別名です。

濃厚な味わい、柔らかな身、味わい豊かな味噌が特徴です。

「越前カニ」

福井県の漁港で水揚げされたずわい蟹の別名です。

味わいは松葉カニと同様豊かなものですが、4府県にまたがっている松葉カニに対し、

越前ガニは福井県のみのため水揚げ量が少なく、

関西ではなかなか芽にすることのできないカニです。

「間人ガニ」「津居山ガニ」「柴山ガニ」

松葉ガニの中でさらに漁港ごとにつけられた別名です。

間人(たいざ)は京都府京丹後市、

津居山は兵庫県豊岡市、柴山は兵庫県香美町の漁港です。

それそれに発行されたタグがつけられ、ブランドガニとして扱われています。

ゆう月では蟹を堪能できる蟹料理をご用意します

お料理は2コース、

定番の鍋料理と技術を駆使した会席料理をご用意し

幅広くお客様のニーズにお応えできるようご用意しております。

「蟹すき鍋コース」

蟹料理の定番、蟹鍋と天麩羅をご堪能いただけるコースです

「蟹づくし会席」

ずわい蟹を様々な調理法で調理し会席仕立てでご提供します

どちらのコースもずわい蟹の持つ旨みと甘みを存分にご堪能いただけるお料理です。

シンプルにずわい蟹の甘みを味わえる蟹すき鍋、

ずわい蟹と旬の素材を合わせ相乗効果で旨みを引き出した会席料理、

お好みのお料理をお選びください。

蟹すき鍋コース 7,100円(消費税・サービス料込み)

綾部の料亭 ゆう月 冬の料理 ズワイガニ 松葉がに 蟹鍋

定番の蟹鍋はシンプルな醤油ベースの鰹昆布だしでご用意し、

ずわい蟹の甘みを存分に味わっていただけます。

殻には全て包丁を入れ、

お箸だけでも簡単に召し上がっていただけるようご用意しています。

合わせる野菜は京野菜や丹波の茸、綾部産の豆腐と湯葉を添え、

蟹の甘みとの相乗効果で味わい深く仕上げております。

鍋の他にも前菜と天麩羅を順にお出しし

鍋の〆には定番の蟹雑炊をご用意します。

カニの甘みを存分に堪能していただけるお料理です。

[ 御献立 ]

前 菜  ずわい蟹の酒肴 盛り合わせ

 鍋   霜降りずわい蟹

     鍋野菜 京野菜 丹波きのこ

     綾部産豆腐 湯葉

     醤油の鰹昆布出汁 薬味一式

油 物  ずわい蟹の天麩羅 季節野菜の天麩羅

     天露とヒマラヤ岩塩を添えて

 〆   蟹雑炊 蟹味噌添え

香乃物  三種の漬物盛り合わせ

水菓子  黒豆と和三盆のゆう月ロール

     季節の果物添え 柑橘ジュレ

蟹づくし会席 14,000円(消費税・サービス料込み)

綾部の料亭 ゆう月 冬の料理 ズワイガニ 松葉がに 蟹鍋

カニ鍋の美味しさは言わずとも知れていることで、

甘み、柔らかさ、味わいなどずわい蟹を堪能するには最適の調理法です。

ここでご紹介するお料理は定番の蟹鍋とは異なり

ずわい蟹を足・爪・味噌・甲羅などそれぞれにあった調理法で

一品ずつ丁寧に作り上げたの会席料理です。

前菜から最後の御飯まで全てのお料理に松葉がに・ずわい蟹を使用し、

ずわい蟹の旨味と旬の素材の相乗効果で生まれる深い味わいをご堪能いただけます。

ずわい蟹は注文に応じて舞鶴の鮮魚店から届き、

さらに必要に応じて料理長自ら舞鶴まで仕入れに行きご用意します。

鮮度が命の蟹料理には生きたままのずわい蟹を丁寧に調理します。

[ 御献立 ]

先附け  蟹と旬野菜の蟹味噌和え

八 寸  蟹の黄身酢和え  ずわい蟹の奉書巻き

     季節の口取添え

煮物椀  蟹爪の揚げ新上 薄氷仕立て

向 附  松葉蟹の花咲造り旬の鮮魚二種添え

     芽物 妻一式

焼き物  ずわい蟹の備長炭焼き あしらい

     すだち ちり酢 藻塩添え

蓋 物  蟹と真鯛のかぶら蒸し 吉野餡掛け

油 物  ずわい蟹の天麩羅 季節野菜の天麩羅

     天露とヒマラヤ岩塩を添えて

酢乃物  ずわい蟹の岩塩吟醸蒸し 土佐酢添え

留 椀  八丁味噌仕立て

御 飯  ずわい蟹の炊き込み御飯 蟹味噌和え

香乃物  三種盛り合わせ

水菓子  黒豆と和三盆のゆう月ロール

     季節の果物添え 柑橘ジュレ

綾部の料亭 ゆう月 冬の料理 ズワイガニ 松葉がに カニ刺し

綾部の料亭 ゆう月 冬の料理 ズワイガニ 松葉がに カニ酢

綾部の料亭 ゆう月 冬の料理 ズワイガニ 松葉がに カニ料理

綾部の料亭 ゆう月 冬の料理 ズワイガニ 松葉がに 蟹鍋

食欲の秋に栗やサンマなどを食す!里山の紅葉の色づきが器に映し出される秋の会席料理 | 綾部の料亭 ゆう月

  • 2018年10月22日
  • 作成者:yuzuki

カテゴリー:料理

秋を食べ尽くしませんか?

季節は秋を迎え、庭園の樹々は桜の葉やドウダンツツジ、

カエデ、もみじと紅葉が深まりつつあります。

庭園をご覧いただくことにおいても、

春の桜の頃と並んで

もっとも季節を感じていただける

季節でしょう。

そんな庭園を眺めながら、

また、個室で静かにおくつろぎいただきながら、

心地いい自然の中で

楽しんでいただける会席料理をご紹介します。

錦木会席 5,900円(消費税・サービス料込み)

綾部の料亭 ゆう月 秋の会席料理 紅葉

御献立

前菜

綾部の料亭 ゆう月 秋の会席料理 柿の白和え 紫ずきん

柿の白和え いが栗見立て毬揚げ

サーモンの砧巻き 紫ずきん

合鴨の蒸しロースト

最初にお出しするお料理は季節感いっぱいにお出しします。

柿は白和えにして甘さの中に胡麻が香る一品に仕上げ、栗はそうめんを使って木に実るいが栗を見立てています。魚料理でサーモンの酢物、肉料理で合鴨のローストをご用意、バランスのとれた盛り合わせにします。さらに旬の京野菜「紫ずきん」を加え、赤く色づく紅葉の葉を添えて、目で見て食べて秋を感じられる前菜をお楽しみください。

煮物椀

綾部の料亭 ゆう月 秋の会席料理 真鯛のお吸い物 松茸

紅葉鯛と揚げ湯葉の清まし仕立て 菊花散らし

そのきれいな赤色から紅葉鯛と称される真鯛と湯葉をさっと唐揚げにし松茸を添えてお出しします。散らした菊の花びらが香り高い一品に仕上げます。

御造里

綾部の料亭 ゆう月 秋の会席料理 お造り ヒラメの昆布締め アオリイカ

平目の昆布締め 間八の平造り

青利烏賊  紅葉けん メモの一式

平目は昆布締めにしてじっくり熟成させ旨みを引き出し、味わいの高いカンパチと秋烏賊とも言われるアオリイカを盛り合わせ、人参と大根を合わせ紅葉の山を見立てたつまを添えてお出しします。

焼き物

綾部の料亭 ゆう月 秋の会席料理 さんま 菊菜のおひたし

秋刀魚の柚庵焼き 栗煎餅散らし 紅葉人参 銀杏丸十

花蓮根  丹波占地と菊菜のお浸し

旬の脂ののったサンマは3枚におろし、柚子の香るタレに漬け込み焼き揚げ、スライスした栗を揚げて添えます。

花に形どった蓮根、紅葉に形どった人参、銀杏に形どったサツマイモを素揚げにして盛り付けた秋を食す一皿です。

焚合

綾部の料亭 ゆう月 秋の会席料理 京丹波高原豚 豚の角煮

京丹波高原豚の角煮 鼈甲餡掛け

とき芥子と温度玉子を添えて

京都 日吉産の京丹波高原豚のバラ肉はじっくり煮込むことで柔らかくなり、余分な脂をぬいてあっさりとした味わいです。温泉玉子と季節の野菜を添え角煮の煮汁に葛粉を加えとろみをつけてご提供します。

油物

綾部の料亭 ゆう月 秋の会席料理 天ぷら 海老 岩塩

海老と湯葉の菊花揚げ ヒマラヤ岩塩

厚切丸十 獅子唐

海老とオクラと大葉を湯葉で巻いて天ぷらにします。厚切りのサツマイモと獅子唐を添えヒマラヤ岩塩を添えてお出しします。

酢物

綾部の料亭 ゆう月 秋の会席料理 真鯛の昆布締め ジュレ

昆布締め真鯛の炙り 千草巻き  山葵酢

昆布締めにした真鯛の皮を炙って鯛の味わい、昆布の旨み、炙った皮の香ばしさを一体に仕上げます。その鯛を削ぎ切りにしてミョウガや大葉を巻き、わさびを加えた土佐酢のジュレをかけて仕上げます。白い皿に酢漬けのミョウガ、菊の花びらが彩り豊かです。

御飯 留椀 香乃物

綾部の料亭 ゆう月 秋の会席料理 ごはん しめじご飯 大黒本シメジ

丹波大黒本占地の炊き込みご飯

袱紗味噌仕立て 三種の盛り合わせ

京丹波町名産の京野菜「大黒本しめじ」で炊き込みご飯にします。合わせた三つ葉、仕上げにふった柚子の皮が食欲をそそる一品です。

水菓子

綾部の料亭 ゆう月 秋の会席料理 デザート ロールケーキ 栗の甘露煮

黒豆と和三盆のゆう月ロール

季節の果物添え 柑橘ジュレ

上林鶏の養鶏農家から仕入れた玉子と上品な甘みの和三盆、魚沼産コシヒカリの米粉を使用した特製のロールケーキです。

秋の味覚の王様 松茸。丹波の里山で秋を食べる松茸会席|綾部の料亭ゆう月

  • 2018年10月04日
  • 作成者:yuzuki

カテゴリー:料理

綾部の料亭 ゆう月 秋の会席 松茸

里の恵みは柿や栗、さつまいも、・・・
海ではサンマやサバなど青魚が旬を迎え脂がのり、
日本料理にとって
持て余すほどの食材が旬を迎えます。

その中でもやっぱり食べたい食材・・・

松茸でしょう。

一昔前にはたくさん採れた松茸も現在は希少な存在に、
私も子供の頃には秋になると当たり前のように
晩御飯で丹波松茸を食べたものです。

ゆう月のある綾部市も含む丹波地方は
国産松茸の中でも最高級クラス、丹波松茸として
全国でも知られていることと思います。

この地方で採れた松茸はすぐさま京都の中央市場や築地市場へ送られたり、
とある噂では、京都のお店が直接買い付けに来て高値で売れていく、
などの話もあります。

私どもゆう月では取引のある地元の青果店と常に連絡を取り
可能であれば国産の松茸を使用し、
会席料理の予算に会わなければ外国産の松茸を仕入れて
松茸料理をご用意しています。

綾部の料亭 ゆう月 秋の会席 松茸

現在、市場に出回っている外国産松茸は、
中国産、韓国産、アメリカ産、カナダ産、モロッコ産、最近ではブータン産なども、

中国産や韓国産は日本と同じマツ林に自生しているため日本のものに近く

外国産を使用する場合はこれらを主に使用します。

最近、同じ料理人の先輩から、
ブータン産の松茸が香りも食感も良く、
自身のお店でも使用しているとの話を聞いたため、
私どもでも仕入れ試してみたりもしています。

国産松茸が大変希少になっている今、
ご予算にあう中でお客様に満足していただけるよう創意工夫を重ねて
お料理をご用意しています。

代金がいくらかかってもいい、だから国産の松茸を食べたい。
とお思いのお客様のご希望にも沿ってご用意しますので、
是非お問い合わせください。

松茸料理の会席は2コースご用意しています

綾部の料亭 ゆう月 秋の会席 松茸 季節の会席


■ 松茸会席 13,000円(消費税・サービス料込)


松茸料理の代表「土瓶蒸し」「焼き松茸」「松茸ご飯」をメインに季節の料理を加えて献立を組んだコースで、比較的リーズナブルに松茸の香りを楽しむことのできるコースです。

綾部の料亭 ゆう月 秋の会席 松茸 松茸づくし会席

■ 松茸づくし会席 29,000円(消費税・サービス料込)


「土瓶蒸し」「焼き松茸」「松茸ご飯」はもちろん、前菜からお造り、蒸し物、油物など、デザートを除く全料理に松茸をふんだんに使って松茸を堪能できる会席料理です。

季節の会席料理に追加で注文できる予約用単品メニューもご用意しています

■ 松茸と秋鱧の土瓶蒸し 2,000円(消費税・サービス料込)


相性のいい松茸と鱧を土瓶に入れて蒸し引き立てあったお出汁をお楽しみいただきます

■ 松茸ご飯 800円(消費税・サービス料込)


予定のご飯と変更して土鍋で炊き上げた松茸ご飯をご用意します

松茸料理をご紹介します

綾部の料亭 ゆう月 秋の会席 松茸 土瓶蒸し

煮物碗 「松茸と秋鱧の土瓶蒸し」


秋の出会い物の松茸と鱧、その相性の良さを損なわないようにシンプルに仕上げた土瓶蒸しです。余分なものを極力排除し具材はあと銀杏とみつばのみ、松茸の香りとそれを引き立てコクをプラスする鱧のお出汁をご堪能ください。


綾部の料亭 ゆう月 秋の会席 松茸 焼き松茸


焼き物 「松茸の備長炭焼き」


仕入れた松茸の中でも特に形の良いものを素材のままにご提供、お客様のお席で備長炭のコンロで焼いてお召し上がりいただきます。自家製のポン酢、ヒマラヤの岩塩、すだちなどを添え様々な味わいが楽しめるのもこのお料理の特徴です。丹波牛と万願寺甘とうといった京都食材も添え、合わせてどうそ。

綾部の料亭 ゆう月 秋の会席 松茸 松茸ご飯


御飯 「松茸御飯」


松茸料理の定番中の定番。香り食感の良い松茸をたっぷり入れ炊き上げます。お米ももちろんゆう月こだわりの京都米コシヒカリ100%、1枚の田んぼでとれた純粋なお米を収穫後農家で低温貯蔵して管理しているお米です。もちろんその年の新米を使ってご用意します。

 

京都丹波高原の自然が育んだ上質の牛肉を和の趣で、丹波牛会席|綾部の料亭ゆう月

  • 2018年09月24日
  • 作成者:yuzuki

カテゴリー:料理

美味しいお肉を堪能できる和食はいかがですか?

毎年5 6 9月は上質な丹波牛を使った特別な会席料理「丹波牛会席」ご用意しています。

ゆう月の丹波牛会席 ローストの画像

8,500円の「丹波牛会席」はゆう月が毎月ご用意している

季節の会席料理をベースにして

わさび醤油で食べるレアステーキと

ヒマラヤ岩塩で焼いたハネシタのステーキを合わせて

丹波牛、魚介、野菜のバランスとれた

会席料理です。

12,000円の「丹波牛づくし会席」は全11品で組まれた献立で

どのお料理にも丹波牛を使用した上質の肉料理を満喫できる会席料理です。

時折、魚だけじゃないちょっと変わったお料理のご要望をいただきます。

和食、会席料理といえば魚介がメインのお料理をイメージされるでしょう。

ゆう月ではバランスを考えて「季節の会席料理」にも

必ず肉料理が入るように毎月献立を組みますが、

やはりお刺身や焼き魚など

魚介類中心の献立になります。

お客様の中には魚が苦手な方、

肉料理を満喫したい方、

こういったご要望をいただきます。

そこでご用意しているのがこの

「丹波牛会席」と「丹波牛づくし会席」です。

ホームページで献立も公開していますので、

「魚が苦手だから会席はちょっと

「会席料理を頼んで食べられないものがあったらどうしよう」

などの不安をお持ちの方にもご安心いただけます。

またご予約の際に食べられない物、苦手なもの、

のご相談をいただければ料理長がお電話口で対応し

ご要望にできる限りお応えさせていただきます。

ぜひぜひ、まずお電話でご相談ください。

京都、丹波高原の自然が育んだ上質な丹波牛

丹波牛会席に使用する牛肉は全てお客様より予約を頂いてから

京丹波町にある「いづつ屋」さんより仕入れます。

いづつ屋さんの牧場では

田舎ならではの空気の透明度、

無味無臭の艶めいた水が存在します。

その環境で丹波の牛たちは毎朝小鳥たちの鳴き声で目覚め、

日中は世話主の優しい話し声とクラシックを聞きながら

といった紹介が公式ページでされています。

いづつ屋さんの公式サイトはこちら

丹波牛会席  8,500円(消費税・サービス料込み)

綾部の料亭 ゆう月 丹波牛会席

季節の会席料理をベースにして

造里代わりの「レアステーキ薄造り」と

「ハネシタのヒマラヤ岩塩焼き」を加えた会席料理です。

丹波牛・魚介・旬野菜・京野菜をバランスよく合わせ仕上げております。

肉料理以外の詳細は季節によって異なりますので、

「睡蓮会席」(5 6月)「芙蓉会席』(9月)を参照ください。

構成上、献立が変更する場合がございますがご了承お願い致します。

丹波牛づくし会席  12,000円(消費税・サービス料込み)

綾部の料亭 ゆう月 丹波牛会席

一品一品に丹波牛を使用して構成された全11品の会席料理です。

使用する食材は丹波牛と旬野菜、京野菜。魚介類は使用していません。

赤身の旨味を感じられるもも肉やイチボはローストやレアステーキに、

サシが綺麗に入ったハネシタはレアに焼き上げて

グリルした京野菜と共に自家製ソースでお召し上がりいただきます。

魚介類中心の会席料理とは異なった満足感を感じられる会席料理です。

お料理のご紹介

綾部の料亭 ゆう月 丹波牛会席の一品 煮物椀

煮物椀 「ヒレ肉と揚げ湯葉の澄まし仕立て」(12,000円)

柔らかな丹波牛のヒレ肉をミディアムに焼き、綾部産の出来立て湯葉は油であげて表面はパリッと中はモチモチに仕上げます。

お肉と湯葉を重ね盛り、鰹昆布のお吸い物出汁をはってご提供します。

 綾部の料亭 ゆう月 丹波牛会席の一品 寿司

御寿司 「丹波牛の握り寿し」(12,000円)

丹波牛の希少部位「ハネシタ」をレアに焼き上げ、スライスして握り寿しにします。綾部産のコシヒカリ、宮津産の富士酢で作ったすし酢、丹波牛が合わさり味わい豊かな一品に仕上がります。

 綾部の料亭 ゆう月 丹波牛会席の一品

御造里 「イチボのレアステーキ 薄造り」 (12,000円・8,500円)

イチボは丹波牛のお尻、ランプに近い部分の赤身肉で、筋も少なく非常に柔らかい肉質、低カロリーの部位です。強火で表面を炙り余熱でじっくりと火を通し仕上げます。それを薄くそぎ切りにして本わさびと昆布を漬け込んだ出汁醤油でお召し上がりいただきます。

綾部の料亭 ゆう月 丹波牛会席の一品 ハネシタの岩塩焼き

焼き肴 「ハネシタのヒマラヤ岩塩焼き 飴色玉葱の柑橘ソース」(12,000円・8,500円)

あばらの方へと続く肩ロースの部位です。ザブトンとも呼ばれサシはあるが脂身の少ない上品な肉をヒマラヤ産の岩塩で味付けしじっくりと鉄板焼きにして仕上げます。ソースは玉葱を飴色に炒めて甘みを出し自家製のポン酢と合わせて作ります。

 

綾部の料亭 ゆう月 丹波牛会席の一品 ローストビーフ

冷製小鉢 「ローストビーフと温度玉子の美味出汁ジュレ」(12,000円)

あっさりとしたモモ肉をローストし賀茂茄子の煮浸しと温度玉子(温泉玉子)を盛り合わせて八方出汁のジュレを掛けてご提供します。

 綾部の料亭 ゆう月 秋の会席 イチジク

季節料理 「無花果の胡麻クリーム掛け 菊花散らし」(8,500円)

8,500円の丹波牛会席でお出しする季節料理の1例です。丹波牛料理のみで構成される12,000円の丹波牛ずくし会席とは異なり、丹波牛料理と季節料理を組み合わせた8,500円のコースは魚の焼き物や蒸し物など丹波牛、魚介、野菜のバランスを考えたコースです。とにかく丹波牛を堪能したい時の「丹波牛ずくし会席」丹波牛と季節料理を色々と食べたい時の「丹波牛会席」でお選びください。

由良川(和知川)・美山川の天然鮎を旬の素材とともに堪能できる会席料理「天然鮎会席」|綾部の料亭ゆう月

  • 2018年07月25日
  • 作成者:yuzuki

カテゴリー:料理

厳しい暑さが続く夏にあって、

日本料理の夏の味覚として魅力的な食材のひとつが・・・

鮎です。

綾部の料亭 ゆう月 鮎 天然鮎 由良川

鮎はその特色から多くの別名を持ち、

古くは一年しか生きないことに由来する「年魚」、

食べる餌により川ごとに異なる特有の香りを持つことから呼ばれる「香魚」、

細かい鱗を持つ外観から「細鱗魚」などと呼ばれ、

昔から人々に親しまれています。

また、俳句の世界でも季節により呼び名を変え、

四季折々の季語として使われていることを考えると、

人々の暮らしとその季節感の中に定着した魚であったのでしょう。

かの美食家北大路魯山人も愛した鮎のいる由良川(和知川)美山川

ゆう月でご用意させていただく鮎は

綾部を流れる由良川、

そしてその上流に当たる和知川・美山川の天然鮎です。

ゆう月の鮎の紹介 産地 由良川上流の美山川

ゆう月の鮎の紹介 産地 由良川上流の美山川

由良川は京都府最長の一級河川で、美山の原生林を源とし、

はるか126kmの旅のはて日本海へと注ぎます。

その由良川・美山川は適度な流れと

鮎の餌となるケイソウ類が豊富な岩場を持つ清流で、

鮎の成長に適した環境といわれています。

綾部 ゆう月 鮎産地 美山 かやぶきの里

綾部 ゆう月 鮎産地 美山 かやぶきの里

由良川の上流、南丹市の美山地区は

かやぶきの里としても有名で

奥美山にあるかやぶき屋根の集落は観光名所としても

人気のスポット、

多くの観光客が趣ある里山の景色を求め

訪れています。

そのかやぶきの里のそばを流れる川にも

夏の期間、

鮎釣りをする人々を多く

見ることができます。

ゆう月の鮎の紹介 産地 由良川上流の美山川

ゆう月では鮎料理を食べることのできる2コースをご用意

ゆう月では天然鮎だけを仕入れご提供しています。

そのため月替りでご用意しているおまかせの季節の会席料理の献立に

鮎料理(鮎の塩焼き)は入れておりません。

鮎を食べたいお客様のために

天然鮎会席 8,500円(消費税・サービス料込み)

綾部 ゆう月 鮎会席 由良川 和知川

7月・8月の季節の会席料理「山百合会席」をベースに、

鮎の塩焼き、鮎の天麩羅、鮎飯を入れ、

リーズナブルに鮎料理を楽しみたい方にオススメです。

天然鮎づくし会席 14,000円(消費税・サービス料込み)

綾部 ゆう月 鮎づくし会席 鮎ざんまい

前菜から御飯まで全てのお料理に鮎を使ったコースで、

鮎の塩焼きや天ぷらなどの定番料理に加え、

鮎の洗い(お造り)、鮎の風干し、酢の物など

あらゆるお料理を天然鮎でご用意します。

主な鮎料理

前 菜 

綾部の料亭 ゆう月 前菜 鮎の風干し 鮎料理

前菜には鮎を2品、自家製の風干しと和え物、その他にその日の朝出来たての湯葉と夏の肴を数品盛り込みました。

煮物椀

風干しにした鮎を炙り、皮をむいて綺麗な翡翠色の茄子とともに胡麻豆腐の上にのせ西京味噌で白みそ仕立てにします。

向 附

綾部 ゆう月 鮎会席 鮎の洗い 鮎の背越し

美山産の新鮮な鮎の刺身にし氷水で洗い締めてご用意します。自然のまま「香魚」と呼ばれる鮎本来の香りをお楽しみ下さい。

出汁で割り昆布を漬けた醤油と芥子酢味噌でお召し上がりください。

焼き物

綾部 ゆう月 由良川 鮎の塩焼き

鮎料理の定番、塩焼きは器に塩で川を描き、由良川・美山川を元気に泳ぐ鮎を表現しました。

焚 合 

素焼きにした鮎を八方出汁につけて味を含ませ冬瓜や賀茂茄子など夏野菜とともに盛り合わせます。とろみをつけた吉野餡を冷やしゆずの香りをまとわせてご提供します。

油 物 

ゆう月 夏の料理 鮎料理 鮎の天ぷら

中骨を抜いた鮎に登り串を打ち天麩羅にします。抜いた鮎の中骨は唐揚げにし骨煎餅に、その他季節野菜を天麩羅にして盛り合わせます。ヒマラヤ岩塩と天汁でお召し上がり頂きます。

酢 物

小ぶりの鮎をぶつ切りにして唐揚げにし土佐酢に漬けて南蛮漬けにします。コースの最後にさっぱりと鮎をお召し上がりいただきます。

御 飯 

綾部 ゆう月 鮎会席 鮎飯 炊き込みご飯

美山産の鮎を出汁で炊き上げた御飯です。鮎の香り、ふっくらとした鮎の身、つやつやとした御飯が絶品です。

ご予約と由良川の鮎について

ゆう月では鮎料理について

7月1日から8月31日までの来店のご予約を

年中通して受け付けています。

鮎料理をご注文のお客様に対しても

無料送迎サービスを実施しています。

8,500円の鮎会席は3名様以上、

14,000円の鮎づくし会席は2名様以上という、

少人数から無料の送迎サービスいたします。

ぜひご活用ください。

<鮎についてのリンク>

ゆう月公式サイト 鮎料理のページ

綾部市観光協会サイト 鮎ページ

綾部市観光協会サイト あやべ山家観光やな漁ページ

由良川漁業協同組合サイト

京丹波町サイト 和知川漁協釣り場案内ページ

京丹波町観光協会サイト

美山漁業協同組合サイト

1 / 3123

PAGETOP